MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アドビのビジネスモデル変革 成功の鍵

2018/02/27 07:00

 2012年、アドビ システムズはクラウドでソフトウェアを提供するサブスクリプション型の「Creative Cloud」の販売を開始。早くも翌年には、それまでのいわゆるパッケージソフトの販売を中止して、クラウドに完全に一本化した。ビジネスモデルをがらっと転換する鮮やかな決断が功を奏し、現在同社の収益は上々だ。時代が求めるスピードに対応し、ユーザーに受け入れられて事業を押し上げるサービスの成功要因は、どこにあるのだろうか? 同社の見解を元に解説する。

※本記事は、2018年2月25日刊行の定期誌『MarkeZine』26号に掲載したものです。

定額制への転換の背景

 「Photoshop」や「Illustrator」をはじめ、アドビ システムズがソフトウェアの定額制サービスを開始して丸5年が経ち、ユーザーの間にはすっかり定着した感がある。当時、その大きな転換はセンセーショナルで、早々にパッケージ販売を取り止めたことにもインパクトがあった。この転換の背景には、主に2つの理由があったという。

 ひとつは、スピードだ。以前のパッケージ販売の時代には、顧客に新しいバージョンの製品を届けるのに約2年を要していた。一方、定額制に改めてクラウドを介した配信を行うと、既存製品と新製品の両方で、顧客に自社の最新技術をより頻繁に届けられるようになる。このスピードを最大限に速めたいという思いから、パッケージ販売による永続ライセンスモデルからの脱却を考えたという。

 もうひとつは、安定した収益モデルへの転換だ。パッケージ販売の時代から、同社製品への顧客の支持は厚かったが、新製品を発売した際に既存ユーザーが必ず買い替えてくれるかというと、その保証はない。もちろんサブスクリプション型でも解約は可能だが、やはりこうした契約形態のほうが、より定期的で予測可能な収益を見込めるといえる。このビジネスモデルの転換を通して、会社を成長させ、これまで以上に幅広い業界に3つのクラウド製品、「Adobe Creative Cloud」「Adobe Document Cloud」「Adobe Experience Cloud」を届けていきたい意図があった。


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5