MarkeZine(マーケジン)

記事種別

インテージテクノスフィア、SNSデータ活用の支援事業立ち上げに向け、NetBase Japanと連携

2018/06/14 14:00

 インテージテクノスフィアとNetBase Japanは、SNSのデータを活用してコーポレート・マーケティングや企業全体の事業戦略を支援する「ソーシャルインテリジェンス事業」を共同で立ち上げる検討を始めた。

 インテージテクノスフィアは、データハンドリングスキルやAI×ビッグデータの効果的な活用などにより、データの新たな価値を創造し、顧客企業における「データの変革」を支えるソリューションおよびサービスを開発・提供してきた。一方NetBaseは、TwitterやFacebook、Instagramなどのデータをリアルタイムに分析することが可能なソーシャルメディアアナリティクスプラットフォーム「NETBASE」を提供している。

 今回両社が検討する「ソーシャルインテリジェンス事業」では、従来のソーシャルリスニングにとどまらず、SNSのデータを核として、顧客が保有する自社データや外部データを統合することで企業と生活者のエンゲージメントを高め、様々なビジネス領域に貢献することを目指す。具体的には、生活者の「生の声」を経営戦略に生かすソーシャルデータ活用のアドバイザリーやレポーティング、データ統合活用の提案などを検討していく。なお、サービスの開始時期は10月以降とし、段階的に拡張していく予定だ。

【関連記事】
インスタのキャプション・コメントも分析可能に!ブレインパッド、ソーシャルリスニングツールの機能を強化
電通アイソバー、NetBaseと協業し自然言語処理によるSNS分析を活かしたコンサルティングを提供へ
スパイスボックス、 インフルエンサー・SNS活用のKPI策定支援サービスを開始
市場が激化する「トクホ」飲料に関するツイートを分析! 「ヘルシア」は苦味が1位に、テレビCMメッセージの反響か
ガイアックス、スマホゲーム専門ソーシャルリスニング「Player Feedback Listening」を米国で提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5