MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ISID、TOKYO MXと連携しライブコマースの実証実験を開始

2018/07/30 09:00

 東京メトロポリタンテレビジョン(以下、TOKYO MX)と電通国際情報サービス(以下、ISID)は7月27日、両社のサービスを連携させたライブコマースの実証実験を行うことを発表した。

 TOKYO MXは、2015年にテレビ番組をインターネットで全国同時配信するサービス「エムキャス」を開始するなど、次世代メディアの構築に積極的に取り組んでいる。一方ISIDは、FinTechを活用した企業向けモバイル決済ソリューションの研究開発に着手するなど、企業が消費者の行動データを多面的に把握するためのサービスを展開している。

 今回両社は、TOKYO MXの「エムキャス」と、ISIDが提供するオンライン決済基盤「Stripe Connect」を連携。実験の第一弾として、アプリ内決済システムを活用した生放送番組を配信する。

 ユーザーは、専用のアプリで番組を視聴することが可能で、番組内で紹介された商品を選択すると、視聴画面下部に購入に必要な情報の入力画面が表示される。番組を視聴しながら、ワンストップで商品購入まで行えるのが特徴だ。

【関連記事】
ライブコマースの認知率は3割/購入に至る率が高いのは男性/売れ筋1位は「服」【マクロミル調査】
EC事業の最先端に刮目せよ!ライブコマースのイベントが7月13日に開催 Candeeやメルカリが登壇
STARP、バーチャルYouTuber向けライブコマース・投げ銭システムをリリース
KDDIとエブリーが資本業務提携 2018年7月を目途にライブコマース事業の提供へ
RIZAP、ライブコマースに参入 メルカリのライブ配信機能を活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5