MarkeZine(マーケジン)

記事種別

デジタルの「ヒーロー」とクライアントの「イメージ」を見定める

2018/10/25 15:30

 今広告業界では、4マス広告の展開だけではなく、デジタルで消費者に強く印象付け、態度や行動変容を促すデジタルクリエイティブの活用が注目されている。そんなデジタルクリエイティブの制作や、効果を出すためのポイントはなんだろうか。グローバルで最大規模の広告賞「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」の審査員を務めるクリエイター・博報堂ケトルディレクター畑中翔太氏に聞いた。

※本記事は、2018年10月25日刊行の定期誌『MarkeZine』34号に掲載したものです。

デジタルの「ヒーロー」を発見することが鍵

株式会社博報堂 ケトルディレクター 畑中翔太氏
2008年博報堂入社。2012年から博報堂ケトルに参加。見たことのないアイデアと現場を好み、「こんなやり方があったか」と言われるような型のないプランニングで、人の行動をデザインする。Cannes Lions、Oneshow、CLIO、D&AD、ADC、ACCなど、これまでに6つのグランプリを含む国内外100を越えるアワードを受賞。Cannes Lions2018Direct部門審査員。

――畑中さんは広告クリエイティブの世界で多くの実績をお持ちですが、特に昨今のデジタルクリエイティブの企画制作において、以前と比べて重視していることや求められているものに「違い」や「変化」を感じることはありますか?

 今の時代はデジタルのテクノロジーだけで“輪”を作ることが難しくなっていると感じます。SNSのキャンペーンとかAIとか、手段もテクノロジーもいろいろあるのは事実ですが、それだけでは印象に残るデジタル体験にはなりません。非常に大掛かりで目を見張るようなデジタルアートなどであれば別でしょうけど、テクノロジーやメディア主導だけで、社会に輪を作っていくのは難しいと感じています。

――デジタル上でクリエイティブを制作する場合、どういう要素が必要になるのでしょうか。

 デジタル領域における「ヒーロー」をきちんと知っておくことが必要かなと思っています。すべてに当てはまるわけではないでしょうが、最近、デジタル領域に強い「ヒーロー」のような人がいると感じているんです。だからマス広告で人気のタレントをアサインするのと同じように、そういうヒーローを知って、目的に応じてアサインすることが重要だと考えています。


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5