MarkeZine(マーケジン)

記事種別

働く人の毎日を応援したい――リクナビNEXTのオウンドメディア戦略に迫る

2018/12/26 11:00

 働く人の毎日を応援し、ビジネスパーソンに寄り添うメディアでありたい――リクナビNEXTのブランディングを目的に、リクルートキャリアが展開する「リクナビNEXTジャーナル」では、アウトブレインを活用し、新規顧客の獲得やサイト内の回遊促進に取り組んでいる。本稿は、アウトブレイン ジャパンの事業開始5周年を記念した5本特別連載の3本目。コンテンツマーケティングという言葉が浸透した今、オウンドメディアの価値を改めて考える。

リクルートキャリアが展開する5つのオウンドメディア

――今日は、オウンドメディアを活用したコンテンツマーケティングについて、リクルートキャリアの石井さんにお話をうかがいます。まずは、リクルートキャリアで運営しているメディアをご紹介ください。

リクルートキャリア ブランドイベントグループ ディレクション部 コンテンツグループ UXデザイン部 プロダクト推進室 マネージャー 石井束査氏
リクルートキャリア プロダクト推進室 UXデザイン部 コンテンツグループ マネジャー 石井束査氏

石井:私が所属するコンテンツグループでは、新卒に向けたリクナビ、転職のリクナビNEXT、転職支援のリクルートエージェントという3つの事業におけるオウンドメディアを展開しています。

 まず、リクナビでは『就活準備ガイド』と『就職ジャーナル』、リクルートエージェントでは『転職成功ガイド』というメディアを運営しています。さらに、リクナビNEXTには『転職成功ノウハウ』と『リクナビNEXTジャーナル』という二つのメディアがあり、私が所属するコンテンツグループでは、これら5つの記事編集・制作・運用を行っています。

――そのうち、アウトブレインを活用しているのはどちらのメディアですか?

石井:アウトブレインを積極的に活用しているのは、2014年5月に立ち上げた『リクナビNEXTジャーナルです。20代から30代半ばの若手ビジネスパーソンをターゲットにしており、現在では月間約500万PVのメディア規模にまで成長しました。

真っ先にリクナビNEXTを思い浮かべてもらえるように

――読者ターゲットは、20代から30代半ばの若手ビジネスパーソンと、転職希望者ではないんですね。

石井:いまや転職は一般化していますし、様々な転職支援サービスが登場しています。そのような環境の中でリクナビNEXTを選んでいただくには、転職ニーズが生まれる前からの関係構築が必要です。

 そこで『リクナビNEXTジャーナル』では、リクナビNEXTのブランディングを目的に、働く毎日を応援しビジネスパーソンに寄り添うメディアを目指しています。読者が転職したいと思った時、真っ先にリクナビNEXTを思い浮かべていただけるような関係性を構築するためです。基本的には、PVやUUをKPIにしています。

――では、できるだけ多くの人にメディアのコンテンツを届けることが重要なんですね。

石井:そうですね。メディアへの流入設計に関しては、アライアンス先として記事を配信しているスマートニュースやYahoo!ニュースなどの外部メディアのほか、ソーシャルメディア、検索など、あらゆるところに接触ポイントを置いています。その内の一つが、アウトブレインへの出稿です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5