SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

かんたん設定でCV数アップ!バリューコマースが無料で提供する「息切れせずに使い続けられるツール」

 「もっと安価で手軽に、集客をCVにつなげられるようにするツールはないか」。そう考える広告主に向け、バリューコマースはCV向上を実現する新機能「iPush(アイプッシュ)」の提供を開始した。国内アフィリエイト広告のパイオニア的存在の同社は、なぜCVの支援に乗り出したのか。MarkeZine編集長・押久保剛が、その理由と経緯を聞いた。

パフォーマンスマーケティングにおいて代表的な会社に

バリューコマース株式会社 執行役員/アフィリエイト事業統括/アフィリエイト本部長 伊藤孝司氏バリューコマース株式会社 アフィリエイト本部 コンサルティング1部 部長 土橋崇之氏バリューコマース株式会社 サービスプランニング本部 企画1部 蓑田瞳氏
左から、バリューコマース株式会社 執行役員/アフィリエイト事業統括/アフィリエイト本部長 伊藤孝司氏
バリューコマース株式会社 アフィリエイト本部 コンサルティング1部 部長 土橋崇之氏
バリューコマース株式会社 サービスプランニング本部 企画部 蓑田瞳氏

押久保:はじめに国内のアフィリエイト市場についての見解を教えてください。現状や課題について、御社はどのように捉えていますか。それを受けて、今回なぜ「iPush」を開発したのでしょうか。

伊藤:私はアフィリエイト事業の責任者という立場ですが、 EC市場の伸びしろは大きく、アフィリエイト市場も成長を続けるとみています。EC事業者が取り引きを増やしていく上では、エンドユーザーに情報を提供し、納得して購入してもらうことが大切。そのためには当然、コンテンツが必要になってきます。

 このような考え方のもと、弊社は「パフォーマンスマーケティングにおいて代表的な会社になる」というビジョンを掲げています。具体的には、広告主様が成果を出せるように、エンドユーザーへの訴求の支援をしています。アフィリエイトによる成果報酬型の集客だけでなく、納得していただいた上での買い物や申し込みといったコンバージョンにまでコミットしたいと考えています。

 弊社では2016年9月から、Yahoo!ショッピング向けCRMツール「STORE’s R∞(ストアーズ・アールエイト)」の提供を始め、出店しているストアそれぞれが成果を上げるためのノウハウや知見を蓄積してきました。そこで培ったものをアフィリエイト事業のお客様にも提供しようと考え、開発したのが「iPush」です。

押久保:「STORE’s R∞」によって、どんなユーザーにどんな働きかけをすればCVできるか、わかってきたわけですね。その地続きとして「iPush」が生まれた。

伊藤:その通りです。テクノロジーの活用が著しく進んでいるアドテクノロジー分野と比べ、アフィリエイトにはまだ属人的に手作業で行っている部分がかなり残っています。だからこそ、テクノロジーでプロダクトの差別化を行う意味があるのです。   

 エンドユーザーにお得な情報を提供する分、顧客を紹介し、その報酬を支援してもらったメディアに返す、というエコシステムをプロダクトの力で構築する。その一環が、今回の「iPush」です。

次のページ
最低限の機能で最大の成果を

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

押久保 剛(編集部)(オシクボ タケシ)

メディア編集部門 執行役員 / 統括編集長立教大学社会学部社会学科を卒業後、2002年に翔泳社へ入社。広告営業、書籍編集・制作を経て、2006年スタートの『MarkeZine(マーケジン)』立ち上げに参画。2011年4月にMarkeZineの3代目編集長、2019年4月よりメディア部門 メディア編集...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

 IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタン...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/01/22 11:00 https://markezine.jp/article/detail/30028

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング