MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「Pairs」の急成長を支えるサービス設計とマーケティングの全貌

2019/02/25 14:00

 日本のオンラインデーティングサービスの先駆けとなった、エウレカの「Pairs」。“Pairs婚”なる言葉も登場し、Pairsをきっかけに恋人ができた人数は累計20万人を超えたという。20~30代を中心とした男女から支持される本サービスを設計し、マーケティングを率いたのは同社の中村裕一氏。「日本とアジアにデーティングサービス文化を定着させる」を目指す、Pairs成長の軌跡を語った。

※本記事は、2019年2月25日刊行の定期誌『MarkeZine』38号に掲載したものです。

広告費の9割をFacebookに費やした理由

株式会社エウレカ 取締役CPO&CMO 中村裕一(なかむら・ひろかず)氏
2011年に横浜市立大学大学院を中退後、インターンとしてエウレカ入社。大手化粧品メーカーを対象とする口コミ広告事業に従事、トップの成績を収める。翌年にはマーケティングマネージャーに抜擢され、Pairsのプロデューサーに。執行役員CSOを経て、2016年より現職。

――まず、Pairsの歩みと成長の要因について教えてください。

 エウレカは2008年にWeb受託開発や広告代理店業の会社としてスタートし、2012年10月に自社開発プロダクトのオンラインデーティングサービスPairsをリリースしました。続いて2014年に、カップル向けのコミュニケーションアプリCouplesの運営も開始し、2015年にはMatchやTinderなどをグローバルに展開する、アメリカ Inter Active CorpのMatch Groupの一員となりました。

 Pairsが大きく成長をしたのは、2014年から2015年にかけてです。Pairsをリリースした当時は、オンラインデーティングサービスの認知がまだ低かった頃。そのため、サービスを安心してご利用いただくために、Pairsの会員登録は実名制のFacebookログインを採用しました。このサービス設計を起点に、PairsはFacebookを中心としたプロモーションに注力してきた経緯があります。

 具体的には、Facebook広告の出稿とFacebookページの運用です。Pairsは、ブラウザ版から会員登録後にアプリをインストールする導線だったため、アプリ広告ではなくWebを軸とした集客を設計しました。

 Facebook広告を採用したのは、Pairsへそのまま登録・ログインができるからです。LPから離脱せず、高いコンバージョンレートを継続することができました。

 あわせてFacebookファンページでライク数を増やすことにも注力し、オーガニックで認知を広げることにつなげています。広告費が限られている中、サービスとメディアの仕様を理解し、ターゲットをFacebookユーザーに絞って認知を獲得できたことは良かったですね。

 現在は、SMSによる二段階認証を行う形や、メールアドレスを使用したログインも可能となっています。


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5