MarkeZine(マーケジン)

記事種別

会員基盤を活かしてパートナー企業を支援!美容脱毛のミュゼが展開するF1層向けマーケサービスとは

2019/07/01 07:00

 美容脱毛サロンを展開するミュゼプラチナムは、F1層を中心に約362万人の女性会員を有しており、全国198のサロンや会員限定アプリを通じてサービスを提供。その会員基盤とデジタル/リアルメディアを活かして、クライアント企業のプロモーションを支援するサービス「ミュゼマーケティング」を展開している。具体的な取り組みについて、同サービスの担当者に話をうかがった。

目次

詳細な会員データ&メディア強化戦略でF1層への訴求を可能に

「ミュゼマーケティング」とは

 F1層を中心とした約362万人(※)の女性会員に訴求できる、デジタルメディアとリアルメディアを併用したマーケティングサービス。デジタル施策としては、会員向けアプリ「ミュゼパスポート」でのバナー広告やタイアップ記事の掲出、会員向けメルマガの配信などが可能。一方、全国に198店舗(※)あるサロンでは、商品の展示やサンプリングなどを実施している。

※2019年5月末時点

株式会社ミュゼプラチナム メディア事業部 ミュゼマーケティング編集長 木村 公子氏
株式会社ミュゼプラチナム メディア事業部 ミュゼマーケティング編集長 木村 公子氏

――はじめに自己紹介をお願いします。

木村:ミュゼプラチナム(以下、ミュゼ)のメディア事業部で、「ミュゼマーケティング」に携わっています。具体的には、ミュゼマーケティングのブランド認知向上と広告の効果検証、クライアント企業とのお取り組みのディレクションを行っています。

――ミュゼは美容脱毛サロンを中心に手掛けている企業というイメージがありますが、なぜ他社のマーケティングを支援するようになったのでしょうか。

木村:サンプリングの配布やBGMでのPRは、企業様からご依頼いただくこともあり、6年以上前からやっていました。こうしたサービスを「ミュゼマーケティング」として本格始動したのが2016年8月のことです。当社では会員様から、年齢や生年月日、住所、既婚/未婚、子どもの有無といった情報をいただいています。このデータを基に、企業様のプロモーションをお手伝いできるのではないかと考えました。

 また当社では、サロン来店時以外でも会員様との接点を増やしていきたいという思いから、メディアの強化にも取り組んできました。2016年4月に会員向けアプリ「ミュゼパスポート」をリニューアルし、サロン予約機能が中心だったものから、様々な情報を発信するメディアとなるように育ててきたのです。その結果、ネイティブ広告やタイアップ記事という方法でも企業のマーケティングをお手伝いできるようになりました。

 現在は、女性向けの商品を取り扱っている企業様や、当社のボリュームゾーンであるF1層の女性に向けて訴求したい企業様を中心に支援させていただいています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5