SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』特集

社内外の垣根を超えて一つになる ユニリーバ×ADK、メディアチーム運営の舞台裏

 この2、3年、各種のマーケティングカンファレンスで「組織作り」をテーマにするセッションが目立っている。社内組織の話はもちろん、事業会社とエージェンシーやクリエイターがどのようにタッグを組むと効果が最大化するか、という会社の枠組みを超えた事例も注目されている。そんな中、ユニリーバとADKは2016年、ADK内にユニリーバ専任の組織を設置。直近ではデジタル施策に携わるメンバーも取り込むなど、進化を続ける両社の取り組みを取材した。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2019年8月25日刊行の定期誌『MarkeZine』44号に掲載したものです。

職種混合のチーム誕生

【写真左から
株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ
デジタルビジネスプロデュース 本部長 兼
アドテクセンター センター長補佐 清家 直裕(せいけ・なおひろ)氏

広告会社勤務を経て2002年アサツーディ・ケイ(現ADKマーケティング・ソリューションズ)入社、デジタル広告を活用したデジタルマーケティングに従事。その後、デジタルパブリッシャーやアドテクノロジー企業での幅広い経験を経て、2016年1月アサツーディ・ケイ(現ADKマーケティング・ソリューションズ)へ復帰。2019年より現職。

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社
メディアマネジャー 塚本 かおり(つかもと・かおり)氏

2003年、旧・日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング)へ新卒入社。入社後、メディア部にてメディアバイイングに従事。その後Dove、Axe等、様々なブランドのメディアプランニング、番組タイアップ、バイイング等を担当。グローバルメディア戦略に基づく、日本向けのセントラルメディア戦略にも従事。2019年2月から現職にてエージェンシーマネージメント、デジタルマーケティングを含む統合的メディア戦略を担当。

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ
コミュニケーションチャネルプランニング本部
メディアアカウント・プランニング局長 坂田 由美子(さかた・ゆみこ)氏

1997年、旧・旭通信社(現ADKマーケティング・ソリューションズ)へ新卒入社。入社後、テレビスポット業務に従事後、2007年に国際営業部に異動、以降ユニリーバのメディアプランニング・バイイング・アクティベーションにおいて様々なブランドを歴任。2013年から約2年間ユニリーバ・ジャパンへ出向し、メディアチームの一員として活動。2018年より現職。

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ
コミュニケーションチャネルプランニング本部長 家村 義彦(いえむら・よしひこ)氏

1995年、旧・旭通信社(現ADKマーケティング・ソリューションズ)へ新卒入社。入社後、雑誌部で雑誌広告プランニングの業務に携わり、営業やメディアプランニングの部署を経て、2014年よりユニリーバのメディアプランニング部門を担当。2016年11月より同社のメディアアカウント部門を立ち上げ責任者となる。2018年4月より現職。

――現在ユニリーバでは、全ブランドのメディアプランニングとバイイングを、ADK内のユニリーバ専任のチームとともに進められているそうですね。まず、ユニリーバの塚本さんから、御社のマーケティングにおける組織体制についてお聞かせいただけますか?

塚本:ユニリーバは、日本だと約50名のメンバーがマーケティングに携わっています。また、グローバル企業なので国をまたいだ機能別のレポートライン(指揮系統)を敷いています。私は日本のメディア担当のマネージャーですが、直属の上司は日本のマーケティング部長ではなく中国にいるノースアジアのメディアディレクター、その上司はシンガポールのメディアのヴァイスプレジデント、という感じです。

 ただ、日ごろの業務はローカルに最適化して進めており、私たちは各ブランドの担当者と連携しながら、メディアのプランニングとバイイングを進めています。

――ちなみに塚本さんのチームは何人くらいでしょうか。

塚本:社員としては、3人しかいません。当然、私たちだけでは回らないので、2016年より前からメディアプランニングとバイイングはADKの皆さんと一緒に進めてきました。当時は、いわゆる従来の広告主とメディアエージェンシーとして、私たちは基本的に営業さんと話をするという座組でした。

――では、今回お越しいただいたADKの皆さんの業務をうかがえますか?

坂田:私は従来の広告主とエージェンシーの関係の頃からユニリーバを担当していて、現在はメディアアカウント・プランニング局というユニリーバ専任チームのリーダーをしています。メンバーは今30人ほどで、数人は他のクライアントと兼任していますが、基本は100%ユニリーバのメディアプランニングとバイイングに携わっています。

 家村と清家はそれぞれADKのメディアプランニングとデジタルの本部長で、もう一つ上のレイヤーでマネジメントに関わっています。以前は営業、プランニング、デジタルとそれぞれの組織にユニリーバを担当する部隊がありましたが、それを統合し、一部は機能を兼ねる形で現在のユニリーバ専任のチームになっています。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
プランナー兼営業という前代未聞の体制の発端

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/26 17:45 https://markezine.jp/article/detail/31779

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング