SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

事例&データで深掘り!Instagramマーケティングの現在地(PR)

エン・ジャパンはストーリーズ広告への投資を4倍に インスタ広告をダイレクトレスポンスで活用する方法

わずかな違いがCV10%の差を生む

 エン・ジャパン運営の転職サイト‎「エン転職」は総会員数が750万人を突破していて、新規会員が毎月7万人ペースで増えているという。Instagram経由の登録も少なくない。

 「Instagramでは、潜在層の方へのリーチに注力しています」と田中氏。「エン転職を知らない」「エン転職を知っているがアプリをダウンロードしていない」「アプリをダウンロードしたが求人を閲覧していない」というファネルの上位3つに対して、Instagramキャンペーンを活用している。

 田中氏は、「1人がたとえ100社に応募しても入社するのは1社。1人に何通も応募してもらうより、多くの求職者にエン転職を知っていただくことを優先しています」と語る。

 田中氏がInstagram広告で特に注力しているのがクリエイティブだ。Instagram上で他のコンテンツと並んだときに、その人にとって見たいもの、保存したいものになっているかが非常に重要だからだ。また、進化し続けるアルゴリズムに対応していくために、高品質なものを大量に作っていくスタンスを保っている。2年前には月に10本用意していたものが、今はAIも活用することで月に100本用意するといった具合だ。

 「観察(Observe)」「仮説構築(Orient)」「意思決定(Decide)」「実行(Act)」の4つからなるOODAループによる効果検証も行っている。同じ背景画像でもロゴや文字の入れ方を少し変えただけで、コンバージョンが10%も違ってくることもあるという。

アサヒビールの事例。一番効果が上がったのは左のもの。
アサヒビールの事例。一番効果が上がったのは左のもの。

 最後に日下部氏が来場者へのアドバイスを求めると、田中氏は「アドバイスできるほどの立場にいない」と恐縮しながらも、次のように締め括った。

 「3年前の自分に伝えるなら、新たな広告ソリューションはいち早く使えと言います。仮にそのキャンペーンが成功しなかったとしても、機械学習が日々進化する中で、教師データを貯めることが重要だからです。また、Facebook社さんと目標設定を行い、パートナーシップで目標とのギャップを埋めていくことも大切でしょう。インハウス運用による知識だけでなく、外部のパートナーから得た知見も活かして、利用者のためのコンテンツ制作を続けていきたいと思います」(田中氏)

▼「Instagram Day Tokyo 2019」関連レポートはこちら
『資生堂がInstagramを中心としたブランディング戦略を公開 ストーリーズ広告の新常識とは?』

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
事例&データで深掘り!Instagramマーケティングの現在地連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平田 順子(ヒラタ ジュンコ)

フリーランスのライター・編集者。大学生時代より雑誌連載をスタートし、音楽誌やカルチャー誌などで執筆。2000年に書籍『ナゴムの話』(太田出版刊)を上梓。音楽誌『FLOOR net』編集部勤務ののちWeb制作を学び、2005年よりWebデザイン・マーケティング誌『Web Designing』の編集を行...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/12 13:30 https://markezine.jp/article/detail/32322

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング