MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「Madison」提供のPTP、テレビCMの効果測定をエリア別に実現する「エリアMMM」を発表

2019/11/14 09:00

 全国のテレビCMのデータベース「Madison」を提供するPTPは、広告主企業がテレビCMを出稿する際どのエリアにどのくらいの量を出稿するかについて、過去の売上とテレビCM出稿のデータからエリア毎の投資対効果を算出し、その結果に基づいてエリア毎のテレビCM投資配分を決めることができる「エリアMMM」のサービス提供を開始した。

 エリアMMMでは都道府県単位で効果測定をするため、各エリア別の特徴を織り込んで分析できるようになる。また、アウトプットが都道府県単位で出るため、営業組織が実行しているエリア毎の施策と連携させやすくなるという。

エリアMMMのアウトプット・イメージ

エリアMMMのアウトプット・イメージ

【関連記事】
年賀状の発行枚数は15年連続で減っているのにCM出稿量が増えている理由は?【PTP調査】
フジテレビジョン、体験型テレビCMを開発 QRコードを読み取りスマホと同期&抽選への参加も
GOとラクスル、スタートアップ向けに最短2ヵ月・低予算でテレビCMを実施できるサービスを提供
電通と電通デジタル、テレビCMのクリエーティブプランニングを高度化するサービスを提供開始
法人用テレビ全録サービス「SPIDER PRO」、スマホで検索・視聴・共有できる新機能をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5