MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「コンテンツ制作は外注に向く業務の一つ」HubSpot活用でより高い成果を挙げるには

2020/03/31 10:00

 どんなに優れたマーケティングツールでも、導入しただけでは結果は出ない。インバウンドマーケティングソフトウェアとして知られている「HubSpot(ハブスポット)」も例外ではなく、効果を出すには質の高いコンテンツを継続的に制作する必要がある。しかし特に企業が抱える問題として多いのが、リソース不足だ。これを解決するべく、HubSpotとランサーズは昨年より連携し、社内で足りていないリソースを、アウトソーシングを活用して補い運用できるように支援している。この取り組みについて、両社に話をうかがった。

目次

HubSpotで成果を出せるコンテンツの条件

――はじめに皆さんの担当業務について聞かせてください。

浅野:HubSpotの浅野です。当社ではマーケティング、セールスおよびCRMのソフトウェアを提供しています。2019年12月から、ランサーズにパートナーになってもらいまして、ランサーズのアウトソーシングサービスと、プラットフォームとしてのHubSpotを組み合わせて提供できる体制を構築しました。私自身は、パートナー担当のチャネルコンサルタントとして勤務しています。

土屋:ランサーズの土屋です。私は法人向けの一括業務受託サービスLancers Outsourcing(ランサーズ アウトソーシング)」の事業責任者として、アウトソーシング事業の推進と現場のマネジメントを担当しています。当社の支援領域はコンテンツ制作が高い割合を占めており、よりユーザーに提供できる価値を広げていこうと、HubSpotとのパートナープログラムを進めているところです。

石井:ランサーズのマーケティング部に所属し、法人向けにランサーズを知ってもらい、活用してもらうための活動をしています。活動の中で当社でもHubSpotを利用し始めていまして、過去のお客様にメール配信をしたり、ランサーズの導入事例記事やホワイトペーパーといったコンテンツを用意したりしています。

(左)HubSpot チャネルコンサルタント 浅野百絵果氏(中央)ランサーズ アウトソーシング事業部 部長 土屋剛志氏(右)ランサーズ マーケティング部 石井聖也氏
(左)HubSpot チャネルコンサルタント 浅野百絵果氏(中央)ランサーズ アウトソーシング事業部 部長 土屋剛志氏
(右)ランサーズ マーケティング部 石井聖也氏

――HubSpotとランサーズがパートナーとなった理由について教えてください。

浅野:HubSpotにとって、「コンテンツ」はとても重要なもの。コンテンツにはいろいろな役割がありますが、中でも大切なのは、最初の接点として、ユーザーがGoogleなどの検索エンジンにキーワードを入力したときに、それに関連するクライアントのサービスや商品が検索結果の上位に掲載されている状態を作ることです。検索結果は、Googleがユーザーにとって有益な情報が掲載されているかどうかで判断するのですが、そのアルゴリズムは刻々と変わるため、最低でも週1回、フレッシュな状態にしていかないといけません。そのため、質の高いコンテンツを継続的にあげ続けられるかどうかが成功の鍵になります

 検索して情報にたどりついたお客様が次に行うのは、類似のサービスが他で提供されていないか、価格の妥当性はどうなのかを調べること。そうしたお客様には、また違ったコンテンツを出さなければいけません。お客様の心理状態が変わっていくのに応じて、シナリオを作って適切なコンテンツを届けることが理想的です。

浅野:ですが、そうしたコンテンツを制作することは決して簡単ではありません。社内にリソースが足りない場合や、企業にとってどんなコンテンツが必要なのかを自社で考えるのが難しい場合もあると思います。ランサーズに手を貸してもらい、そうした問題を解決することで、HubSpotをより良く活用していただけるのではないかと考えました。HubSpotが想像する世界を日本で提供するためにも、必要なパートナーだと考えています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5