SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2020 Summer Kansai(PR)

「顧客とは一期一会」から脱却 不動産仲介会社がMarketo Engageで目指すコミュニケーション

 多くの人にとって「家を買う」ことは一生に一度のビッグイベントだ。しかし、物件購入の検討から実際の購入に至るまでの期間は、意外と短い。不動産会社にとってそのタイミングを把握することは、最重要課題となる。住まい全般の事業を手掛ける福屋不動産販売では、MAツールの「Marketo Engage」を導入し、ユーザーの属性や段階に応じた最適なコミュニケーションで、顧客エンゲージメントを高めていると言う。6月19日に開催された「MarkeZine Day 2020 Summer Kansai」に同社の大江健太郎氏と、アドビでMarketo Engageコンサルティング部のマネージャーを務める冨田洋平氏が登壇し、その取り組みを語った。

不動産仲介は「顧客との接点が限定的」が共通課題

 「Marketo Engageは、長期的なエンゲージメントを行うことに長けたツールです」と語るアドビの冨田氏。同ツールは、BtoBであれば匿名から顧客になり、ロイヤル顧客になるまで、BtoCであれば認知から購入、ファン化、再購入に至るまでという長期的なエンゲージメントの実現に向けた、マーケティングのコントロールタワーとして機能すると言う。

 現在このMarketo Engageを活用する福屋不動産販売の大江氏は、導入に至った背景として同社の抱えてきた課題とその解決に向けた取り組みを説明した。

(左から)アドビ Marketo Engageコンサルティング部 マネージャー 冨田洋平氏、福屋不動産販売 総務企画部 営業推進課 スペシャリスト 大江健太郎氏
(左から)アドビ Marketo Engageコンサルティング部 マネージャー 冨田洋平氏、
福屋不動産販売 総務企画部 営業推進課 スペシャリスト 大江健太郎氏

 不動産売買の仲介を事業の柱とする同社では、そもそもユーザーとの関係を構築するうえで(1)商機は物件の売買検討の数か月間のみと短い(2)顧客とは一期一会の関係(3)デジタルマーケティングの環境と体制が整っていない、という3つの課題があった。

 多くの人にとって、マイホームの購入は一生に一度の大きな買い物である。しかし、ニーズが顕在化する、購入検討の期間は一生のうち短ければ数カ月程度しかない。そのため、顕在化した顧客との接点は限定的であり、また獲得した接点は一過性につき、常に新規の顕在化したユーザー獲得が必要になってしまう。これを解決するのは大江氏が実現に取り組む、検討時期にとらわれないコミュニケーションだ。

ライフステージに応じたコミュニケーションを設計

 大江氏は「たとえば家を購入するプロセスは、家を買うための情報収集や物件検索、比較検討といったもので、期間は短ければ数ヵ月で成約に至ります。この商機を見逃さないのは当然ですが、その数カ月だけに対して接点獲得の施策を実施するのではなく、それ以外の時期から接点を獲得できていれば、ニーズが顕在化する数カ月のプロモーションがより効果的になると考えています。目指しているのは各ユーザーのライフステージ毎に最適させつつ、手段や手法を変えながらも長期間継続するコミュニケーションです」と説明する。

 たとえば、顧客が日常的に使うSNSでの情報発信だ。福屋不動産販売のTwitterでは不動産情報をほとんど発信せず、暮らしをテーマに家庭菜園や料理レシピ、漫画などを日々配信し、幅広い層とつながっている。

 一方、賃貸からマイホーム購入を考え始める、いわゆる準顕在層には、家探しのポイントや家づくりのポイント、住宅ローンに関する情報などのコラムコンテンツを発信することで訴求。実際に物件を探すタイミングでは、SEO対策やWeb広告でニーズをキャッチアップする。検討段階ではメルマガといった会員コンテンツで比較のしやすい情報を提供し、しっかりと接点を獲得し続ける。

 さらに、契約に至った際もそこで終わらせず、その後のアフターフォローや限定情報・限定特典の提供、役立つ情報の発信によって関係を継続していく。これにより、10年後のリフォームや30年後の住みかえが必要になれば、そのタイミングで商談につなげられるのだ。

 しかし、このコミュニケーションを実現するためには、各チャネルでのコミュニケーションを最適化すること、それらチャネルを統合的に管理することが必要となる。

次のページ
成果のないメルマガにメスを入れる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2020 Summer Kansai連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鈴木 恭子(スズキ キョウコ)

 東京都出身。週刊誌記者などを経て、2001年IDGジャパンに入社。「Windows Server World」「Computerworld」などの記者・編集を経て2013年にITジャーナリストとして独立。主な専門分野は組込系セキュリティ。現在はIT(Information Technology)と...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/29 10:00 https://markezine.jp/article/detail/33661

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング