SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

激動の1年で成長した企業の共通点は?特集「2020年の成長企業に学ぶ秘訣」/定期誌第60号

 2020年は多くの企業にとって変革を余儀なくされた1年でした。しかし、社会の情勢や人々の生活様式が急激に変化する中でも着実に成長を遂げた企業があります。そうした企業にはどのような共通点があったのでしょうか。

 MarkeZine編集部が発行している定期誌『MarkeZine』の第60号(2020年12月号)では、「2020年の成長企業に学ぶ秘訣」を特集。巣ごもり消費やリモートワークの定着など、時流を掴んで成長した企業の取り組みを紹介します。

定期誌『MarkeZine』とは?

定期誌『MarkeZine』

定期誌『MarkeZine』は1年間の定期購読で、毎月1冊、トレンドテーマの特集を中心にマーケティング業界の潮流や識者が注目するトピックをお届けしています。

  • 先進的な企業の経営判断を追体験できる
  • 競合企業の事例やキーパーソンの考え方がわかる
  • マーケターが実務で成果を出せるノウハウを学べる

定期誌を詳しく知りたい

特集「2020年の成長企業に学ぶ秘訣」

巣ごもり消費はどう変化する?2020年の消費者行動の振り返りと2021年の予測

 特集では最初に、ニッセイ基礎研究所の久我尚子氏が2020年の消費者行動を振り返り、2021年に求められる企業のアプローチを解説していただきました。2020年は外出がキーとなる商品が大きなマイナス影響を受けた一方、自宅での食に関する消費は伸長。今後も同様の傾向で消費の抑制は進みつつも、在宅勤務やワーケーションの普及に伴う支出やオンラインでの消費行動が拡大していくと見られています。

DAUを1年で5倍にした、Microsoft Teams成長の源泉

 リモートワーク(テレワーク)は2020年を象徴する働き方の1つ。業務を効率化する様々なツールが注目を浴びましたが、その中で日本マイクロソフトが提供するオンライン会議サービス「Microsoft Teams」はDAUが1年で5倍に。競合も多い中で急成長を実現した要因を、同社の春日井良隆氏にうかがいました。

生産者数は5倍、ユーザー数は23倍に 爆速成長を遂げた食べチョクの戦略

 ビビッドガーデンが影響する食材のオンライン直売サービス「食べチョク」が、2020年に大きく成長しました。外出を控える人々にマッチしただけでなく、多くの生産者も食べチョクを利用してEC展開するように。その裏で行われていた地道な施策について、同社の松浦悠介氏が教えてくださいました。

 この他、本誌の巻頭インタビューでは、「企業の顧客起点のマーケティングモデルへのシフト」を支援するM-Forceの代表、長祐氏を取材。経営に直結するマーケティングの在り方について尋ねました。

定期誌を詳しく知りたい

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング