SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

テレシー、AppsFlyerとテレビCMデータを連携 テレビCMのリアルタイム効果測定機能を強化

 テレシーは、電通と共同で運営する運用型テレビCMプラットフォーム「テレシー」において、モバイルアトリビューションとマーケティングアナリティクスのプラットフォームを提供するAppsFlyer Japan(以下、AppsFlyer)が持つクライアントデータと連携し、地上波テレビに特化した効果測定機能を強化した。

 テレシーは、最低100万円からテレビCMの出稿ができ、効果を確認しながらPDCAを回すことができる運用型テレビCMプラットフォーム。独自のレポーティングツール「テレシーアナリティクス」により、最短で広告掲載翌日には把握することができ、シミュレーションデータと比較しながら、AIによるチューニングでさらなる最適化を図ることが可能となっている。

 一方AppsFlyerは、アトリビューションとマーケティング分析のグローバルカンパニー。包括的な広告効果計測および分析ソリューションを提供しており、8,000社以上のパートナーからなる同社のマーケットプレイスには、Facebook、Google、Apple Search Ads、Twitter、TikTok Ads、Pinterest、Snap、Salesforce、Adobe、Oracleなどが含まれている。

 今回の連携によりテレシーでは、「Adjust」に続き、AppsFlyerとも、テレビCMに関するデータを連携し、テレビCMによるコンバージョンをリアルタイムで測定し、成果を確認することが可能になった。

【関連記事】
テレシーが「Adjust」とテレビCMデータを連携 テレビCMのリアルタイム効果測定機能を強化
ADK MSとABCテレビ、CM放送枠が「6秒CM素材のみ」でフォーマットされた30分番組を実施
TVISION、 放送枠の影響を除いたテレビCMのクリエイティブパワーを分析・評価可能に
2月度テレビCM放送回数ランキング/花粉対策やリクルートグループのCM上位に【ゼータ・ブリッジ調査】
電通とBSフジ、視聴データを活用した運用型テレビ広告サービス 「CONNECTED VIEW」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/17 12:00 https://markezine.jp/article/detail/35790

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング