SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』(PR)

SNSプラットフォームの"今"を徹底解剖!:定期誌『MarkeZine』第66号

 編集部では定期誌『MarkeZine』の最新号となる第17号(2021年6月号)を刊行しました。今号の特集は「SNSプラットフォーム徹底解剖」です。具体的に自社でどう活用するかを検討すべきなのに、そもそもトレンドの移り変わりやユーザーの動向、機能やアルゴリズムのアップデート、効果的な広告のあり方など変化を追いかけるだけでも一苦労。そんな「今どうなっているのか」という疑問を解消できる内容となっています。

 読者の皆様、いつもMarkeZineをご愛読いただき、ありがとうございます。定期誌『MarkeZine』第66号の特集「SNSプラットフォーム徹底解剖」を担当したMarkeZine編集部のみちかみです。

 多くの生活者にとって、SNSは情報収集に欠かせないチャネルの一つとなりました。企業にとっても、情報発信において何らかのSNSを活用していることだと思います。一方で、各SNSプラットフォームは日々サービスのアップデートを続けており、広告に関しても新たなプロダクトが続々誕生するなど、その変化についていくのが大変という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 本号では、SNSを生活者・プラットフォーム・活用企業の3つの視点から徹底取材。生活者のSNS利用に関するデータを持つニールセン デジタルによる解説、Instagram、Twitter、TikTok、LINEの担当者が語る各プラットフォームの最新活用法、アサヒビール、ベーシック、プレシャスパートナーズによるSNS活用事例を特集としてまとめました。

 SNSを生活者との接点として活用している企業のマーケティング担当者、また事業会社のSNS活用支援を行う広告会社の方などにぜひご一読いただきたい内容となっています。

 また、特集以外にもマーケターなら知っておきたい様々な情報を64Pに凝縮してお届けします。ぜひこの機会に、定期購読誌『MarkeZine』のご購読をご検討ください!

特設ページを見る

担当編集 道上 飛翔(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店での営業を経て、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、2020年4月に副編集長に就任。

担当連載→「生活者データバンク」「業界最新動向」

目次

Insight

「イモトのWiFi」からPCR検査事業の支援へ スピード感あるトランスフォーメーション実践の舞台裏
エクスコムグローバル 西村 誠司

Feature SNSプラットフォーム徹底解剖

ニールセンが明かす、SNSプラットフォーム最新動向
ニールセン デジタル 高木 史朗

コンテンツの多様化が進むInstagram ショッピング体験もリッチに
Facebook Japan 南 勲

革新性×動画×フルファネルでTwitter広告を大幅に強化
Twitter Japan 松山 歩

若年層から全世代、認知からフルファネルへ TikTokが秘めるマーケティングの可能性
TikTok For Business Japan 田村 千秋/畠山 雄/市原 淳一

LINEは広告配信の枠を超え、次のステージへ サービスプラットフォームへの進化
LINE 高木 祥吾/谷口 友彦

話題沸騰で一時休売! アサヒビール「生ジョッキ缶」のSNS戦略
アサヒビール 喜多野 美鈴

個人アカウントの発信でマーケ・営業・採用に変化が! BtoB企業のSNS事情
ベーシック 角田 剛史/河村 和紀 プレシャスパートナーズ 山口 智功/石川 朋実

Column

業界最新動向
MERYがアプリサービス終了 コミュニティメディアへリニューアル

私のキャリア
企業と個人の両方から支援し、多様性のある社会を実現したい
MaVie 志賀 祥子

データで読み解く
「エシカルな人」が好むブランド、購買行動の特徴とは?
マクロミル 渡邉 尚紀

BtoBマーケティングの開拓者たち
パートナー企業を決める前にやるべきこと
24-7 赤沼 悠介

生活者データバンク
食&エンタメに見る新しい日常
インテージ  田中 宏昌/森本 瑠奈

米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』
D2C 事業の真価は「無形資産」の構築
ベストインクラスプロデューサーズ 榮枝 洋文

定期誌『MarkeZine』とは?

定期誌『MarkeZine』

定期誌『MarkeZine』は1年間の定期購読で、毎月1冊、トレンドテーマの特集を中心にマーケティング業界の潮流や識者が注目するトピックを解説しています。

  • ●先進的な企業の経営判断を追体験できる
  • ●競合企業の事例やキーパーソンの考え方がわかる
  • ●マーケターが実務で成果を出せるノウハウを学べる

定期誌を詳しく知りたい

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/02 07:00 https://markezine.jp/article/detail/36635

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング