SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

年間を通して話題を提供し、売上増へ。足立CMOと電通が明かすファミリーマート周年企画の舞台裏


 ファミリーマートは2021年9月、40周年の節目を迎えた。それにともない同年3月から「40のいいこと!?」キャンペーンを開始。1年の間に、なんと100もの企画を展開し、話題の提供に留まらず売上のベースアップにも寄与した。本稿では同社CMOの足立光氏を中心に、年間を通して伴走した電通の本田祐哉氏、加藤倫子氏を交えて、すべての企画に統一感と整合性を持たせた体制作りと各企画を通してつかめたことをうかがった。

継続的に企画を展開する「40のいいこと!?」キャンペーン

MarkeZine編集部(以下、MZ):ファミリーマートの40周年キャンペーン「40のいいこと!?」は、生活者の価値観やライフスタイルが大きく変わりつつある最中に実施されました。足立さん、この状況下でマーケターが生活者とコミュニケーションを図るにあたり、何か変化はありましたか?

足立:根本的な生活者の態度、購買やその他の欲求は、僕はほぼ変わっていないと思います。一方でマーケティングの視点では、コロナ禍の影響というよりネットが登場して以来ずっとメディアの分散化が進み、ますます加速しているので、どのメディアでコミュニケーションをしていくかはよく考える必要があります。

MZ:では、今回のキャンペーンについてうかがいます。“40”といっても、最終的に累計企画数は100を超えていましたね。

足立:はい、これは想定内です。お客様にとっては、周年の年数なんてあまり関係ありませんから。

 ただ、周年自体はお客様にアプローチするとか、いろんな仕掛けをするきっかけにはなりますよね。多くのメーカーさんとのコラボ企画にもつながりましたし、社内の士気を高める点でも役立っています。そして、昨年4月から本年1月まで、大雨の影響を受けた昨年8月を除いて、売上の前年比が100%を上回るなど、単なる話題性で終わらず、ビジネスの結果が得られたことには手応えがありました。

※各社発表資料より編集部作成クリック/タップで拡大
※各社発表資料より編集部作成
(クリック/タップで拡大)

MZ:今回、たくさんの企画の中にはファミリーマートさん社内で進められたものや、電通さん以外のエージェンシーが担当されたものもあったそうですね。そもそも、どういった座組みだったのですか?

足立:最初から、1社のエージェンシーとのみ組むつもりはありませんでした。電通さんに周年企画の提案をお願いした段階で、別のエージェンシーと先々の大きなキャンペーンを進めていましたし。電通さんには、一発の企画で瞬間風速の最大化を狙うのではなく、複数の企画を継続的に出していくという大枠を御提案頂いたうえで、全体を俯瞰する役割として、かつ個別の企画の実施会社としても入って頂きました。

株式会社ファミリーマート エグゼクティブ・ディレクター兼CMO 足立 光氏
株式会社ファミリーマート エグゼクティブ・ディレクター兼CMO 足立 光氏

100に上る企画に統一感を持たせる体制に

MZ:年間を通して、周年企画の傘に入るものに関しては、他社の主導する企画も共有していたということですか?

加藤:そうですね。毎週の定例ミーティングを設けて、すべての企画を共有させて頂きながら、私たちも自主提案をいくつも重ねていったという形です。

 他社さんの企画に直接関わることはありませんでしたが、たとえば「40のいいこと!?」として発表するならもっとこうしたほうがよいのでは、話題になるのではといった部分を、常に話し合っていました。

本田:いつも足立さんがおっしゃっていることですが、チームでずっと気をつけていたのは、生活者がどんなことを考え、感じているかを常に深掘りして把握することです。外部の視点で事業を見させて頂いている視点と、自分自身の生活者の視点を行き来しながら、ファミマに何が期待されているかを徹底して皆で検討しました。

株式会社電通 第20ビジネスプロデュース局 統合マーケティング・プロデュース2部長 本田祐哉氏
株式会社電通 第20ビジネスプロデュース局 統合マーケティング・プロデュース2部長 本田祐哉氏

MZ:そうした座組みで、他社の企画も含めて全体の統一感や整合性が出るようにしていったのですね。では、40周年企画に入る時点でのファミリーマートの課題と、それに基づいてどうコンセプトを考えられたのかをうかがえますか?

足立:それまでのファミマの課題は、一言で言うと特徴が弱かった。今も途上ではありますが、お客様の印象に残る特徴をいくつも作らないといけないと考えました。そこで、次の5つの方向性を言語化して打ち出しました。

クリック/タップで拡大
(クリック/タップで拡大)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「おいしく、お得」な事実はあるのに伝わっていない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/02/25 18:17 https://markezine.jp/article/detail/38380

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング