SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

SNSに最適化したペルソナ設定とPDCAの高速化が鍵!ソーシャルリスニングとプロトタイピングの有用性

 SNSマーケティングを成果へつなげるためには、ユーザー理解に基づくコンテンツの発信と、徹底的な検証・改善が必要です。しかしながら、目まぐるしく変化するSNSユーザーのインサイトを精緻に捉え、施策のPDCAを回していくことは容易くありません。本記事では、企業のSNSマーケティングを支援するIMJのプランナーと、S&D Prototypingの代表を務める傍ら、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科でプロトタイピングを研究する三冨敬太氏を取材。ソーシャルリスニングとプロトタイピングという2つの手法が、ペルソナ設定とPDCA高速化に有効な理由を明らかにします。

▼IMJの概要はこちら

IMJの概要はこちら

プロトタイピングとソーシャルリスニングのプロフェッショナル

MarkeZine編集部(以下、MZ):前回の記事では「脳科学×SNSコミュニケーション」というテーマで、IMJと檀教授にお話を伺いました。今回はソーシャルリスニングに強みを持つIMJと、プロトタイピングの研究家である三冨さんに「SNSユーザーのインサイト把握」というテーマでお話を伺って参ります。まずは三冨さんとIMJ、それぞれの専門領域について詳しくお聞かせください。

三冨:大学院の研究員としてプロトタイピングの研究を行いながら、プロトタイピング専門の会社であるS&D Prototypingにおいて、民間企業の支援を行っています。

S&D Prototyping 代表取締役 三冨敬太氏
S&D Prototyping 代表取締役 三冨敬太氏

三冨:プロトタイピングとは、端的にいうと「ものをつくったり、体験を通じて仮説を検証したりするプロセス」です。たとえば、ソフトウェア業界で用いられるワイヤーフレームを基に、ユーザビリティを検証する行為もプロトタイピングになります。

ワイヤーフレームの例
ワイヤーフレームの例

三冨:プロトタイピングを実践する際には「早く・安く・何度も・並行して」試すことが重要です。しっかりと作り込んでからアウトプットするのではなく、早めにアウトプットすることで失敗を先取りし、大きな失敗を避けることができます。たとえば、先ほどのソフトウェアにおけるプロトタイピングでも、パワーポイントなどのプレゼンテーションツールでプロトタイプをつくるのではなく、紙で複数コンセプトを並行して検証することにより、どれがどのような理由でうまくいかないのかを早く・広く知ることが可能です。

 最近はマーケティング領域においてもプロトタイピングの有用性が示されており、とりわけユーザーのインサイトを捉える際に有効な手法といえます。たとえばキャンペーンをクイックに作って公開し、ユーザーの反応を受けて修正するサイクルを短期間に何度も繰り返すと「ユーザーに何が響くのか」を理解できるようになるのです。じっさい、Webキャンペーンに関するお引き合いは増えています。

IMJ:弊社は創業から25年間、企業のデジタルマーケティングを支援してきました。2021年にアクセンチュアと合併したことで、デジタルの上流から下流まで総合的な支援が可能な体制を築いています。

IMJ ソーシャルメディアプランナー
IMJ ソーシャルメディアプランナー

IMJ:私が担当しているSNSマーケティングの領域では、ユーザーの反応を取り入れながら施策の分析・改善を行っています。SNSではユーザーのインサイトが目まぐるしく変化するため、反応を常に注視しながらPDCAを回していくことが不可欠なのです。

ビジネス上のペルソナとSNS上のペルソナは一致しない

MZ:ソーシャルメディアプランナーのお立場から、昨今のSNSに見られる特徴や企業のマーケティング課題について詳しく伺えますか。

IMJ:SNS上のユーザーインサイトを捉えるためのキーワードとして「個の多様化」が挙げられるでしょう。アルゴリズムによって各人に合った投稿が表示されるSNSでは、趣味嗜好に没入しやすく、似た趣味のユーザー同士が横のつながりを持ってコミュニティを形成することもあります。このような動きの中で、SNS特有のインサイトやペルソナが生まれているのです。

 自社のビジネス目標を踏まえたペルソナを精緻に描くことが得意なマーケターは多いと思います。しかしながら、自社が理想とするペルソナをSNSコミュニケーション用にチューニングした方が、施策を広い範囲に届けることができるのです。弊社が支援しているクライアントからは「SNS上でペルソナをどのように設定し、アプローチすれば良いかわからない」という悩みが寄せられています。

次のページ
勘所を押さえたプロの手でソーシャルリスニングの切り口を定める

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平田 順子(ヒラタ ジュンコ)

フリーランスのライター・編集者。大学生時代より雑誌連載をスタートし、音楽誌やカルチャー誌などで執筆。2000年に書籍『ナゴムの話』(太田出版刊)を上梓。音楽誌『FLOOR net』編集部勤務ののちWeb制作を学び、2005年よりWebデザイン・マーケティング誌『Web Designing』の編集を行...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/17 10:03 https://markezine.jp/article/detail/38545

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング