SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2022 Spring(PR)

元レガシー営業部長が語る!マーケ思考の営業体制構築と業務プロセスのDX化で売上6倍を達成するまで

 デジタルシフトが進む昨今。Web上で自ら情報収集を行い、営業担当者と接触する前に導入要件を固めているBtoB購買担当者が増えているという。情報を求める顧客に適切なアプローチをするためには、営業とマーケティングの密な連携が不可欠だ。BtoB領域のITコンサルティングとBPOサービスを提供するGLナビゲーションでは「Adobe Marketo Engage」を導入後、わずか1年半で売上6倍、粗利10倍を達成。グロースの背景には、テクノロジーを中心に据えた業務プロセスの設計と、営業・マーケター間の相互理解を促す体制づくりがあったという。本記事では、MarkeZine Day 2022 Springで語られた同社の事例を紹介する。

デジタル上での情報収集を好むBtoB購買担当者

 アドビのDXマーケティング本部でマーケティングマネージャーを務める松井真理子氏は、セッションの本題に先立ちデジタルの浸透がもたらすBtoBマーケティングへの影響について解説する。

アドビ DXマーケティング本部 マーケティングマネージャー 松井真理子氏
アドビ DXマーケティング本部 マーケティングマネージャー 松井真理子氏

 松井氏は、フォレスターが2019年に行った調査結果を紹介。BtoB購買担当者の92%はWeb検索から購買活動を始めており、デジタル上での情報収集を好む担当者の割合は68%を占めていたが「2020年に生じたデジタルシフトの波が、このトレンドをさらに加速させた」と語る。

 次に松井氏は、バイヤージャーニーの変化を図とともに解説。従来は購買担当者が調査や資料請求を行った段階から営業がコンタクトを取り提案を行っていた一方、現在は購買担当者が自ら調査・評価する期間が長くなっているという。この変化を踏まえ、松井氏は「情報を求めている顧客にどれだけ信頼性の高い情報を提供できるかがマーケティングの勝負どころ」と強調する。

「購買担当者へ適切な情報を届けるために、営業とマーケティングの密な連携が求められています。しかしながら両者の間には高い壁が存在していることも事実です。たとえば『マーケティングツールの導入時に営業からの理解が得られない』『営業がデータの入力に非協力的』など、マーケティング担当者の悩みは尽きません」(松井氏)

インサイドセールスを営業とマーケターのブリッジ役に任命

 BtoB領域のITコンサルティングとBPOサービスを提供するGLナビゲーションでは、まさに営業とマーケティングの連携に課題を抱えていた。そこで1年半をかけてセールスDXとインサイドセールスを導入したオペレーション改革に着手。結果として月商6倍、粗利10倍のグロースを果たしたという。同社の代表取締役を務める神田滋宣氏は、具体的な改革の手順を解説した。

GLナビゲーション 代表取締役 神田滋宣氏
GLナビゲーション 代表取締役 神田滋宣氏

 第一に取り組んだのが「営業とマーケターの相互理解促進」だ。神田氏は、両者の考え方の違いを次のように説明する。

「マーケターは、売上の再現性や顧客のカテゴライズに関心を持っています。一方の営業は顧客との関係性や予算のほか、案件の緊急度など売上につながるラストワンマイルを気にする傾向があるのです」(神田氏)

マーケターと営業の思考の違いとインサイドセールスの役割を示す図
マーケターと営業の思考の違いとインサイドセールスの役割を示す図

 両者の違いを踏まえ、神田氏はインサイドセールスをブリッジ役に任命。マーケターが立てた仮説に沿ってインサイドセールスがアプローチを行い、受注につながった顧客のインサイトを分析してマーケターと営業にフィードバックする。この徹底した“マーケ思考の営業”によって、営業とマーケターの間にある壁を取り払ったのだ。

 第二に取り組んだ「レガシーな営業部長の意識改革」について、神田氏は「最大の課題でありポイント」と表現。テレアポによる新規開拓を基本とし、アポ取りから顧客フォローまでが営業の仕事だと考える人材業界出身のレガシー部長は、かつての神田氏だという。自身の意識改革を含めた1年半におよぶセールスDXの道のりを3つのマイルストーンに沿って解説した。

次のページ
テクノロジーの導入とスコアリングの自動化で営業の活動量は4倍に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZine Day 2022 Spring連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

那波 りよ(ナナミ リヨ)

フリーライター。塾講師・実務翻訳家・広告代理店勤務を経てフリーランスに。 取材・インタビュー記事を中心に関西で活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/10 10:00 https://markezine.jp/article/detail/38673

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング