SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2022年3月のテレビCM放送、「NURO光」が着実な出稿が光る結果に【ゼータ・ブリッジ調査】

 ゼータ・ブリッジは2022年3月度に全国地上波25局、BS放送6局で放送されたテレビCMの放送回数を調査した。

リクルートグループの大量出稿のほか、「NURO光」の着実な出稿が光る

 商品別ランキングでは、1位はリクルートホールディングス「リクルートダイレクトスカウト」、2位ソニーネットワークコミュニケーションズ「NURO光」、3位リクルートホールディングス「Airワーク」という結果になった。

 リクルートホールディングスは、グループ企業のIndeed Japanを含め、上位10位中7つランクイン。一方、2位ソニーネットワークコミュニケーションズ「NURO光」は3ヵ月連続で上位5位以内にランクインしており(2022年1月度4位、2022年2月度2位)着実な出稿を表している。

 その他、4月の新生活に向けて携帯料金の見直しを促進する格安スマホサービスによる出稿が目立った。9位楽天モバイル「楽天モバイル」、12位KDDI「UQ応援割」、13位KDDI「povo2.0」がランクイン。また、20位のアサヒビール「アサヒスーパードライ」は発売36年目で初となるフルリニューアルを3月に実施。今後は話題喚起や飲用喚起のために出稿量を増やしていくと発表しており、注目の商品だ。

各エリアの電力会社が引っ越しシーズンに合わせて出稿

 エリア別ランキングでもリクルートグループの存在が際立つ結果となり、各エリアで複数サービスがランクインしていた。

東京
大阪
名古屋
福岡
札幌
BS

【調査概要】
期間:2022月3月1日~3月31日
対象:番組宣伝を除いた全国地上波25局、BS放送6局のテレビCM
方法:動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムにて取得した放送履歴情報を基に調査

【関連記事】
2021年12月のテレビCM放送、リクルートグループがTOP3を独占【ゼータ・ブリッジ調査】
11月のテレビCM放送回数1位は「NURO光」/エリア別では地元企業が躍進【ゼータ・ブリッジ調査】
SMNが「Logicad」において音声広告配信の機能を拡充 テレビ視聴データを活用した出し分けを実現
SMN、AI活用したデジタルサイネージ広告の実証実験を都内大型書店で実施
テレビ東京HD、ワンストップでCMなどの購入が可能なwebサービスサイトをオープン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/04/14 11:15 https://markezine.jp/article/detail/38770

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング