SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

特集:デジタルで進化するテレビマーケティング

本格化するテレビ広告のDX──視聴者・サービス提供者・広告主の変化に見る「テレビ活用」最前線

 YouTubeやNetflixをテレビ端末で見ることができるCTV(コネクテッドTV)の普及やテレビCMのデジタル化を実現する様々なサービス群の登場により、テレビマーケティングは次のステージに移行している。テレビ対デジタルという対立構造から、「テレビ×デジタル」へと移り変わった今、マーケティングにおけるテレビ活用はどんな可能性を秘めているのか。デジタルで進化するテレビマーケティングの現在地を「視聴者」「サービス提供者」「広告主」の3者の変化から読み解く。

※本記事は、2022年5月25日刊行の定期誌『MarkeZine』77号に掲載したものです。

CTVシフトで見えてきた、デバイスとしての「テレビ」の価値

TVISION INSIGHTS株式会社 代表取締役社長
郡谷 康士(ぐんや・やすし)氏

 東京大学法学部卒。マッキンゼー・アンド・カンパニーにて、事業戦略・マーケティング戦略案件を数多く担当。リクルート中国の戦略担当を経て、上海にてデジタル広告代理店游仁堂(Yoren)創業。2015年よりTVISION INSIGHTSを創業し、代表取締役社長に就任。

 本稿では、テレビマーケティングの現在地を「視聴者」「サービス提供者」「広告主」それぞれの変化から読み解いていきます。

 まず視聴者の大きな変化の一つとして外せないのは、CTVへのシフトです。CTVとは「インターネットに接続されたテレビ」のこと。テレビのインターネット結線率はここ5年で26.3%から52.1%へと倍増しており、YouTubeやNetflixなどの動画配信サービスをテレビで視聴する人が増加しています(出典:ACR/ex2016〜2021年4〜6月、東京50km圏、男女12〜69歳)。そういう意味で、テレビという筐体は地上波の番組を視聴するだけの役割でなく、動画配信サービスも含めた視聴「デバイス」の一つと捉えることができます。

 動画配信サービスをCTVで見る場合、「共視聴」が半数を超える点も特徴です。これはテレビで地上波の放送を見るときと同じように、家族やパートナー、友人と一緒に視聴していると考えられます。ただし地上波放送の視聴態度と異なるのは、「ながら視聴」より「専念視聴」が多いこと。動画配信サービスは目的を持って視聴するケースが多いため、テレビで視聴する場合も集中して見る人が多いと考えられるでしょう。

若年層のテレビ離れに歯止め?地上波における視聴者層の変化

 また、もう一つの大きな変化が「地上波の視聴者層の変化」です。一言で言うと、若年層のテレビ離れに少しだけ歯止めがかかり、逆に高齢者層のテレビ離れが少し進んだ傾向が見えてきました。TVISION INSIGHTSの注視率データ(図表1)で変化を見てみましょう。

図表1 【属性別】注視率の推移(タップで画像拡大)
図表1 【属性別】注視率の推移

 昨年の後半にかけて若年層や中年層の注視が堅調に推移する一方、高齢層の注視が減っています。「若者のテレビ離れ」と言われていたこれまでの傾向とは反対で、こうした逆転現象はここ数年で初めて見られました。

 なぜ逆転現象が起きたのか。これは仮説ですが、放送局が目指す「指標の変化」によるものではないかと考察できます。というのも、従来各局が追ってきた指標は「世帯視聴率」でしたが、昨今はデータ分析の発展によって「コア視聴率」や「注視率」を可視化できるようになりました。放送局側が若年〜中年層を一番のコアターゲットに置き、新しい指標に基づいて若い世代向けの番組を制作した結果、地上波から離れていた若年層を取り戻せるようになったのではないかと考えられます。

 放送局は、新しい指標に合わせて番組を作れば視聴者も変化してくれるということに、手ごたえを感じているのではないでしょうか。なので、より新しいデータ分析に前向きになった印象があります。見落としがちな視点ですが、これからも地上波の視聴者の変化に注目していくべきでしょう。

この記事はプレミアム記事(有料)です。
個人向け購読はこちら 法人向け購読はこちら

定期誌『MarkeZine』購読者の方はこちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
データドリブンなサービスの拡大、広告枠の買い方にも変化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
特集:デジタルで進化するテレビマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岡田 果子(オカダ カコ)

IT系編集者、ライター。趣味・実用書の編集を経てWebメディアへ。その後キャリアインタビューなどのライティング業務を開始。執筆可能ジャンルは、開発手法・組織、プロダクト作り、教育ICT、その他ビジネス。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/27 11:03 https://markezine.jp/article/detail/38993

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング