SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

キャリアカレッジジャパンが行う、データを掛け合わせたLINE公式アカウントの活用法とは

 通信教育講座を提供するキャリアカレッジジャパンは、2018年にプラスアルファ・コンサルティングが提供する顧客実感型マーケティングプラットフォームのカスタマーリングスを導入し、メールマーケティングを自動化。さらにLINE公式アカウントを開設し、お客様データを活用した訴求で認知拡大や申し込み増加の成果を上げている。本記事では、キャリアカレッジジャパンとプラスアルファ・コンサルティングの担当者4名に、データを活用したLINE施策のポイントを聞いた。

社会人の学びと夢の実現を支援するキャリアカレッジジャパン

──自己紹介をお願いします。

上岡:キャリアカレッジジャパンの上岡です。弊社は、「資格のキャリカレ」で社会人向けの通信教育講座を提供し、資格取得の学習から就職・転職・開業のサポートまで携わっています。Webマーケティングの他、カタログ、パンフレットなどの制作、テレビCMなど、弊社のマーケティング活動全般を統括しています。

資格のキャリカレ
資格のキャリカレ

隣:キャリアカレッジジャパンの隣です。私は、新規のお客様をターゲットにWeb広告やLINE公式アカウントの運用、メルマガ配信などを担当しています。

山崎:プラスアルファ・コンサルティングの山崎です。弊社は、ビッグデータを活用しお客様のビジネス成長を支援するソリューションを提供しています。中でも私は、CDPやBI、MAの機能を実装した顧客実感型マーケティングプラットフォームのカスタマーリングスの事業責任者を務めています。

日野:私は、カスタマーリングスのカスタマーサクセスとして、サービスの導入と活用を支援しています。2018年から、キャリアカレッジジャパン様を担当しています。

──キャリアカレッジジャパンのWebマーケティング戦略をお聞かせください。

隣:弊社の講座の申し込みは、すべてオンラインで完結します。そのため、Webサイトからのパンフレット請求や申し込みをコンバージョンポイントとして、Web広告による集客と、パンフレットを請求されたお客様に対する、メールマーケティングを重視してきました。

 以前は手作業でメールを送っていましたが、お客様のリストが増えるにつれ、ステップメールの配信や分析の負荷が重くなってしまう課題が出てきました。そこで2018年にカスタマーリングスを導入し、現在はデータを活用したメールマーケティングを自動化しています。

分析から施策実行まで一気通貫

──カスタマーリングスを導入された決め手を教えてください。

上岡:決め手は、BIツールとしての分析機能が高いことと、分析結果をそのまま施策に反映できる点です。私たちがイメージしていた仮説から分析、施策実行までのサイクルが、一気通貫でスピーディーに実現できています。

──BIやMAを活用する上では、データ基盤の構築が重要です。カスタマーリングスでは、どのように構築・設計をしていますか。

日野:クライアントが実施したいマーケティング施策や企画をベースに、データを構築しています。キャリアカレッジジャパン様の場合は、カスタマーリングスと連携する基幹システムのデータをすべて洗い出していただき、実施したいマーケティング施策のリスト化をお願いしました。

 そのリストを参考に、施策を実現するためのデータ項目をカスタマーリングスに設計して、データを蓄積しています。

山崎:おかげさまでカスタマーリングスは650社以上のクライアントに導入いただいていますが、データ構築にはクライアントごとの独自性が現れ、企業様ごとに正解が違うと考えています。さらに稼働しはじめると、必要なデータがはっきりしてきますので、クライアントとコミュニケーションをとりながら、柔軟にデータを整え続けることが大切です。データ構築のPDCAも回しながら支援できる点が、私たちの強みですね。

次のページ
LINE公式アカウントの活用で、新たな顧客接点を創出

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/06/16 10:00 https://markezine.jp/article/detail/39122

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング