SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

30代以下の62%がSNS上で動画視聴/最も多いのは「30秒以上の動画」【ニールセン調査】

 ニールセン デジタルは、消費者のマルチスクリーンの利用動向調査「ニールセン デジタル・コンシューマー・データベース2022(Nielsen Digital Consumer Database 2022)」をもとに、分析結果を発表した。

30代以下の6割以上が主要SNS上で動画を視聴

 まず、インターネット利用者が主要SNS上で動画を視聴しているか調査した。その結果、若年層ほどその傾向は強く、30代以下では62%がSNS上で動画を視聴すると回答した。

SNSで視聴する動画タイプ、最も多いのは「30秒以上の動画」

 次にSNSで視聴する動画タイプを尋ねると、30秒以上の動画が最も多かった。30秒未満の短編の動画も2021年から増加し、60%が利用していると答えた。

SNSで短編動画を視聴する人の6割が複数デバイスを利用

 続いて複数デバイスの利用経験の有無を調べた。結果、全体の43%が複数デバイスの同時利用経験があり、特にSNSで短編動画を視聴する人においては60%にのぼった。またデバイスの種類としては、テレビを視聴しながらのスマートフォン利用が最も多く(85%)30秒未満の短編動画を利用している人はその傾向が強くなった。

【調査概要】
調査期間:2022年9月2日(金)~9月6日(火)
調査対象:月1回以上インターネットを利用している日本全国の16歳(高校生)以上の男女2,745人

【関連記事】
広告型インターネット動画の視聴時間割合、34歳以下と35~49歳で同率【ニールセン デジタル調査】
2022年、マーケティング担当者が最も優先すべきことは「ブランド認知の向上」【ニールセン調査】
ニールセン、2022年グローバルスポーツマーケティングレポートを公開
ニールセン、飲食店予約サービスの利用状況を発表 18~34歳のGRPが昨年比4倍強に
ニールセンとビデオリサーチ、「人」ベースでのテレビとデジタルのクロスプラットフォーム視聴者測定を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/27 17:30 https://markezine.jp/article/detail/40434

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング