SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYホールディングスとMESON「Helix Lab」発足 生活者起点でメタバースを研究

 博報堂DYホールディングスとMESONは、生活者発想でメタバースおよび空間コンピューティング領域における研究調査・情報発信を行う「Helix Lab(ヘリックス・ラボ)」を発足した。

 両社は、2019年からサイバー空間と実空間が融合した「サイバーフィジカル空間」をテーマに「AR City」をはじめ、「Spatial Message」「GIBSON」など、生活者の新たな体験およびコミュニケーションに関する研究を行ってきた。

 今回は、生活者を起点としたメタバース・空間コンピューティング領域の社会実装を促すため、未来の生活者に関する研究・調査をともに実施し情報発信を行う。

 活動の第1弾として、「メタバース」により生活者一人ひとりがどのような影響を受け、変化を経験するのかに主眼を置いたレポート「Metaverse as Possible Futures」を発表した。

 Helix Labは生活者発想を起点とし、今後もメタバース領域および空間コンピューティングに関連した未来の生活体験に関する予兆を発見し、起こり得る未来の可能性について発信していく。

【関連記事】
博報堂と博報堂プロダクツが「パーソナライズDMかんたん発送サービス」を提供開始
博報堂、バーチャレクスと協業しシステム基盤診断サービスの提供を開始 課題を抽出し企業のDXを支援
博報堂プロダクツ、ビューティービジュアルに特化した制作チーム「ビビビ」をスタート
ドコモ、メタバース事業を拡大 新会社を立ち上げNTTグループのXR事業を推進
Meta、次世代XRクリエイター向け教育プログラムを日本で開始 角川ドワンゴ学園とも連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/14 13:30 https://markezine.jp/article/detail/40581

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング