SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Spotify、2022年を振り返るランキング発表 Vaundy、Saucy Dogら新世代が躍進

 Spotifyは、2022年における音楽やポッドキャストなどのリスニングデータから各種ランキングを発表した。

 これらランキングは、世界中のユーザーが1年間で最も聴いたアーティストや楽曲、音楽ジャンルのほか、音楽再生時間、最も聴いたポッドキャスト番組などのデータを振り返ることができる。

各種ランキングのトップ5
【クリックすると拡大します】
各種ランキングのトップ5

楽曲ランキング、国内1位はTani Yuuki「W/X/Y」

 今年世界で最も聴かれた楽曲は、ハリー・スタイルズの「As It Was」。再生回数は15億回を超えた。一方、国内で最も聴かれた楽曲はTani Yuuki「W/X/Y」となり、2位にはSaucy Dog「シンデレラボーイ」、3位には優里の「ベテルギウス」がランクインした。

 そして、国内で同アプリ上からSNSなどで最もシェアされた楽曲は、1位JO1「SuperCali」、2位BE:FIRST「Bye-Good-Bye」、3位INI「CALL 119」となり、強いファンダムを持つアーティストの楽曲が上位を占めた。

 ゲームをプレイしながらバックグラウンドで音楽を楽しむユーザーも多く、国内で今年最もゲーム機で再生された楽曲は、Adoの「新時代」となった。

国内アーティストではK-POPや新たな世代がランクイン

 海外で最も聴かれたアーティストは、年間で183億回超の再生回数を記録したバッド・バニー。3年連続で、世界で最も聴かれたアーティストとなった。

 一方、国内の1位はBTS、2位はOfficial髭男dism、3位はYOASOBIとなった。

 6位のVaundy、10位のSaucy Dogは初めてトップ10入り。新世代アーティストもランクインをする結果となった。

アルバムランキング、優里の『壱』が最も人気

 国内で最も聴かれたアルバムは、1位は優里の『壱』、2位はAdo『ウタの歌ONE PIECE FILM RED』、3位はYOASOBIの『THE BOOK』となった。なお、トップ10の中にはアルバム収録曲の合間にアーティストが作品について語るトーク音声を収録したSpotifyオリジナルコンテンツ「Liner Voice+」があるものもランクインした。

 なお「Liner Voice+」は、アルバムに収録された楽曲とアーティストの音声インタビューを組み合わせたSpotifyオリジナルの新たな音声コンテンツ。ライナーノートのように制作の裏話や作品に込められた想いをアーティストなどの声で楽しめる。

【関連記事】
平成フラミンゴ、ちぐはぐダンス、カヌレ…2022年ティーンが選ぶトレンドランキング【マイナビ調査】
2022年10月度のCM放送回数ランキング/トップはリクルートの「じゃらん」【ゼータ・ブリッジ調査】
LIVE BOARD、"旅行好き"が集まる屋外ビジョンランキングTOP30発表
Spotify、国内における広告ビジネスを拡大 今後2年で広告営業人員を約5倍へ
Z世代で最も人気のあるポッドキャストのジャンルは「メンタルヘルス」/Spotify調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/02 09:00 https://markezine.jp/article/detail/40730

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング