SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第95号(2023年11月号)
特集『「知らなかった」では済まされない、法規制とマーケティング』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

そのLINE公式アカウント、ただの情報発信になっていませんか?ファンを育てるCRM戦略を紐解く

 LINE公式アカウントを使ったコミュニケーション施策は、多くの企業が取り入れている。しかしメッセージを一斉配信するだけでは、ユーザーに寄り添った効果的な施策が実現できているとはいえない。本記事では、デジタルマーケティングを支援するセプテーニと、LINE公式アカウントを活用し企業のDX支援を行うミロゴスに、LINE公式アカウントを用いたCRM施策の可能性とそのベストプラクティスについて聞いた。

LINEはユーザーと接点を持ち続けられる場所

MarkeZine編集部(以下、MZ):まず、皆様の業務やミッションについてお聞かせください。

中村:Septeni Japanのソリューション営業部の中村と申します。これまではAmazon領域の販促やデータソリューションの導入支援などを行っていました。現在はお客様のマーケティングDXを目的とした、ファーストパーティデータを活用したマーケティング支援を行っています。

下西:ミロゴスでアカウントセールスグループのアシスタントマネージャーを担当している下西です。セプテーニや他の代理店様とのアライアンス締結や、APIツールの提供を中心にお客様のLINE公式アカウントの運用・コンサル・システム導入などを支援しています。

MZ:各企業のLINE公式アカウントの活用状況について伺えますか。

中村:近年、LINE公式アカウントの活用を検討・導入する企業が非常に増えている印象です。理由としては、メルマガは特に若い層には馴染みが少なく読まれにくいというデータも出ており、メルマガだけで幅広いお客様をファン化させていくのは難しいことが考えられます。

Septeni Japan株式会社 営業企画本部ソリューション営業部 中村 匠氏
Septeni Japan株式会社 営業企画本部ソリューション営業部 中村匠氏

中村:しかしLINE公式アカウントを導入しているものの、マーケティング全体の施策の中の役割やKPIを定義せず、情報発信としての施策にとどまる企業が多いように思います。LINEそのものは、ユーザーと定常的に接点を持てる場所として魅力的なプラットフォームです。一方でチャネルとしての目的を定義し、よりパーソナライズされたコミュニケーションを実現できている企業はまだ少数と見ています。

意外と知られていない?LINEのAPI活用

MZ:LINE公式アカウントを運用する際、情報発信に終始してしまいがちな課題の要因はどこにあるのでしょうか。

中村:LINE公式アカウントを用いた施策は、キャンペーンの告知など企業の情報発信・共有の場としてのインパクトが大きいため、その段階の施策で留まりがちなのではないでしょうか。また、より高度な施策を展開するうえではツールが必要なケースもあります。そもそも、LINEが情報共有の先のフェーズまで発展させられるチャネルだという認識自体、まだ広まっていないのかもしれません。

下西:LINE公式アカウントではAPIが公開されており、日々進化を遂げている結果、機能が非常に豊富です。そのため担当者が施策に取り組む際、「何ができるのか」「何から手をつけるべきか」を決めかねるケースも少なくありません。

次のページ
「機能を使いこなせない」を卒業!LINEをもっと活用する方法

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

堤 美佳子(ツツミ ミカコ)

ライター・編集者・記者。1993年愛媛県生まれ。横浜国立大学卒業後、新聞社、出版社を経てフリーランスとして独立。現在はビジネス誌を中心にインタビュー記事などを担当。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:Septeni Japan株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/09/21 10:30 https://markezine.jp/article/detail/43019

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング