SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

データ活用のプロ、インティメート・マージャー簗島が語るデータ活用の現状とこれから

注目集まるリテールメディア、日本での拡大に必要なこと【IM簗島氏×D&Sソリューションズ望月氏対談】


 新連載「データ活用のプロ、インティメート・マージャー簗島が語るデータ活用の現状とこれから」がスタート。本連載では、インティメート・マージャーの代表取締役社長を務める簗島亮次氏が、様々な業界のデータ活用のプロと今後のデータ活用について対談していく。初回となる今回は、POSデータを活用したマネタイズを支援するD&Sソリューションズの開発責任者を務める望月洋志氏と、リテールメディア×データをテーマに議論した。

小売が持つデータの現状と課題とは?

簗島:今回はリテールメディアに関するビジネスに一緒に取り組んでいるD&Sソリューションズの望月さんに話をうかがいます。昨今、リテールメディアというキーワードが注目されている一方、ターゲティング広告に使用するためのメディアとして展開しても、あまり事業インパクトは生まれないと考えています。

 それよりも、リテールメディアを通じて得られたファーストパーティデータを活かしてビジネスを展開していくことが重要だと考えているのですが、POSデータなど小売に関するデータを取り扱う望月さんから見て、小売企業のファーストパーティデータ活用はどうなっているとお考えですか。

D&Sソリューションズ株式会社 開発責任者 望月 洋志氏
D&Sソリューションズ株式会社 開発責任者 望月 洋志氏

望月:一番わかりやすいのは、POSデータの販売です。メーカーに対し商品が何個売れたか、どのカテゴリが売れているか、売り場全体のトレンドなどを提供しています。

 しかし、POSデータだけでは買った時点しか見えず、ユーザーではなくモノの動きしか把握できません。ポイントカードや会員サービスが登場したことで、誰が何を買ったかまでは把握できますが、Webでの検討など買う前のプロセスはいまだにつかめていないのです。

 そのため、小売業やメーカーが顧客のことを解像度高く理解するためのデータ活用、特にオンライン接点の Web IDの仕組みが必要になってきます。

コンテンツのない場所に人は集まらない

簗島:国内小売企業もリテールメディアの活用に乗り出すケースが増えていますが、現時点での課題はなんだと思いますか。

望月:いくつかありますが、まずユーザーに合った広告が出せていないことですね。国内小売企業が展開するメディアの多くが一般的なWebサイトもしくはECサイトの構造になっており、そこに適した広告が配信できていない印象です。

 また、YouTubeやFacebookなどのプラットフォームと連携したオフサイト(サイト外広告)が中心になっているのも気になります。海外では、オフサイトとオンサイト(サイト内広告)を上手く組み合わせているのに対し、国内ではオフサイトに偏っている傾向が見られます。

簗島:オンサイト、オフサイトを切り替えて考えられている方も少なく、リテールメディアというものを解像度高く理解していかないといけないフェーズなんですかね。

 また、リテールメディアがメディアになれていないのではないかと感じます。本当であれば、企業は毎日アプリやWebサイトにログインしたくなる仕組みを作って、ユーザーに楽しんでもらいながらデータを蓄積し、分析・活用していくべきだと思うのですが、望月さんはどう思いますか。

株式会社インティメート・マージャー 代表取締役社長 簗島 亮次氏
株式会社インティメート・マージャー 代表取締役社長 簗島 亮次氏

望月:リテールメディアというよりはリテールアドになってしまっているのが現状です。ただ、そうなるのも仕方ない部分があって、小売企業の多くはメディア事業をしたことがありません。一般的なメディアは、良質なコンテンツを揃えてユーザーを集め、広告や課金で稼ぎます。しかし、現在の国内リテールメディアはコンテンツがないのに広告が出せる状態になっているケースが見られます。

簗島:メディア化していかないとデータが貯まっていかないので、死活問題ですよね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
議論から見えてきた、リテールメディアの伸ばし方

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
データ活用のプロ、インティメート・マージャー簗島が語るデータ活用の現状とこれから連載記事一覧
この記事の著者

簗島 亮次(ヤナシマ リョウジ)

株式会社インティメート・マージャー代表取締役社長。 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科を2010年首席で卒業。 2013年、Googleのレイ・カーツワイル氏が2020年に起きると予測した「あらゆるデータがひとつに統合される」という革命を冠した株式会社インティメート・マージャーを創業し、2019...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業した結果、20...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/09/04 17:17 https://markezine.jp/article/detail/43255

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング