SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

最良の選択には“広告の健康診断”が必須 アットホームに学ぶ広告主のアドフラウド対策最前線

 不正クリックなどにより広告費をだまし取るアドフラウド。多くの企業がデジタル広告に予算を投入する一方で、アドフラウドによる被害は深刻化。近年ではWebサイト全体でのトラフィック数に対して平均40%程度をアドフラウドが占めているとも言われる。費用対効果の問題から対策に踏み出せない企業も少なくない中、アットホームはCHEQの「Customer Acquisition Security」を導入し、対策を強化したという。今回は同社の鈴木氏にアドフラウド対策の重要性や、対策に取り組む上でのヒントをうかがった。

不動産業界でも深刻化 「とりあえずまだ大丈夫」自分ごと化できていないアドフラウド問題

──まず鈴木様の簡単なご経歴や現職の業務、ミッションについてお聞かせください。

 私は元々、雑誌の編集に携わっていましたが「これからはWebの時代」と考えるようになったことからWebの道に転身し、不動産情報サイトのWeb編集やUI/UXの効果改善に携わるようになりました。

画像を説明するテキストなくても可
アットホーム株式会社 Cメディア事業戦略部 マーケティング分析グループ グループ長 鈴木 正次氏

 約13年前にアットホームに入社した頃は、編集よりもサイト運営がメインの業務でした。当時はWebサイト上の数字を見る環境が整っていない時代でしたが、「数字の変化を社内にどう共有し、改善していくか」を考える必要性を感じていたことから、徐々にマーケティングがメインの業務となっていきました。さらに同時期、Googleのリマーケティングが出始めたくらいのタイミングでWeb広告にも携わるようになり、現在ではマーケティング分析グループの責任者を務めています。

──Web広告に長く携わられてきた経験からも、近年深刻化しているアドフラウド問題についてご存知かと思います。不動産業界でもアドフラウド問題が年々深刻化しているそうですが、そのような実感はありますか?

 不動産業界は広告にかける費用が大きいこともあり、相対的に被害が大きくなると考えています。ただし、以前は当社もそうでしたが、アドフラウドの問題について認識はしていたものの、自分たちのWeb広告がそのようなリスクにさらされていると自覚している企業は多くないと感じています。私も数年前にセミナーに参加しましたが、これはあくまでも情報収集程度のもので自分ごと化はしていませんでした。

広告戦略にも影響あり アドフラウドの脅威

──アットホーム様がアドフラウド対策に取り組み始めたきっかけを教えていただけますか?

 アドフラウドの問題を自分ごと化し始めたのは、CHEQさんの無料セキュリティ診断を受けたことがきっかけです。以前からの知り合いだった担当の方に声をかけていただき、物は試しと軽い気持ちで受けてみました。

 実装してチェックしていただいたところ、想像以上のアドフラウドが発生していることが判明しました。テストを受けたタイミングが需要期で、Web広告を多く投下していたという側面もありますがそれを加味しても被害は大きかったです。

 正直、広告主の立場からすると、プラットフォームにお金を払って出稿している以上、アドフラウド対策はプラットフォーム側が行うべきだと考えていました。しかし、実際に沢山のフラウド被害を受けていること、加えて当社がインハウスでWeb広告を運用していることを考えると、自分たちでも対応する必要があると痛感しました。

 したがって、当社2023年6月からCHEQさんが展開する「Customer Acquisition Security」を導入しました。

次のページ
CHEQの技術力と細かいサポートでアドフラウド対策の工数を削減

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和泉 ゆかり(イズミ ユカリ)

 IT企業にてWebマーケティング・人事業務に従事した後、独立。現在はビジネスパーソン向けの媒体で、ライティング・編集を手がける。得意領域は、テクノロジーや広告、働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:チェク・ジャパン株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/10/20 12:00 https://markezine.jp/article/detail/43538

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング