SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

インターネット見聞録

【フォトレポート】この夏いちばんのカップリング「ひろゆき×夏野」誕生!

 ニコニコ動画の新サービス「ニコニコ動画(夏)」の発表会が、東京ドームシティのJCB HALL(東京都文京区)に2000人のユーザーを集めた大規模なイベント「ニコニコ大会議2008 ~日本の夏、ニコニコの夏~」として7月4日に開催された。その様子をフォトセッションで振り返ってみよう。【前編はこちらから!】

お馴染みの管理人と噂の救世主がついに登場!

 「ニコニコ大会議」第2部はニコニコ動画の新機能や新サービスにフォーカスした「セカンドビジネスカンファレンス」。いよいよ彼の登場です。

なんだかかっこいいぞ
なんだかかっこいいぞ
ご存じ「ひろゆき」こと西村博之管理人の登場
ご存じ「ひろゆき」こと西村博之管理人の登場

 続いてサプライズで「救世主」が「降臨」。6月にNTTドコモを退社したばかりの夏野剛氏。この日なんとドワンゴの常勤顧問に就任。

がっちり握手
がっちり握手
第一声は「ちょっと公開してます」
第一声は「ちょっと公開してます」

 夏野氏と言えば、NTTドコモでiモードやおサイフケータイを成功させ、普通の日本人をモバイルインターネット生活漬けにした張本人。ひろゆき曰く「偉い人に来てもらえるといいなあ、というのが実った」。ニコニコ動画の黒字化担当と何度もアピールしていたが、会議終盤で「テレビ局や大企業の偉い人をひとりでも多くニコ厨にするのが、僕のミッションだと思っている。ニコ厨にしてしまえばこっちのもの(笑)」と語っているように、その業界コネクションが期待されての就任には間違いないだろう。

 余談だが、夏野氏はニコニコ大会議の直前まで臨海副都心で、モバイル学会の「シンポジウム2008」で「ケータイの未来」と題した公開講演を行っていた。講演内容は、SF映画のなかに出てくるケータイデバイスをカットアップしながらの楽観論的な未来予測だったが、講演後の質疑応答でフィルタリング規制に話が及ぶと「ちゃんとした議論がされていない」と現政策をバッサリと批判。「『(子供に)ケータイを持たせるな』という結論はねーだろ」「(犯罪に巻き込まれるというなら)むしろネットで1番犯罪を犯している40~50代のフィルタリングが必要」とラディカルな発言を重ねた。今回のニコニコへの参加も、このようにネットに対してエンドユーザー寄りの発想を持つ夏野氏ならではの判断だと言えようか。

 その公開講演の終了が17時過ぎで、18時半にはJCBホールのステージに立っていたのだから綱渡りの会場入りだったはずだが、その斜め上をいくひろゆき氏はなんと「リハに来なかった」ということで、新任早々の夏野氏が「ニコニコ動画(夏)」の新機能をプレゼンすることに。まずユーザーは、バーチャルワールドに連れて行かれるのであった。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
アイスペースって萌えセカンドライフ?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
インターネット見聞録連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング