SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カカクコム、「マンションDB」でGoogleマップのストリートビューに対応

 Googleマップの「ストリートビュー」は道路上の景色を360度見ることができる機能で、8月5日に日本公開されたばかり。「マンションDB」では、新築マンションの物件MAPの詳細画面に各マンションの所在地を中心としたGoogleストリートビューを表示させる。ストリートビューが利用できるエリアは、関東圏・関西圏・仙台・函館・札幌。

マンション周辺の住環境を映像から確認できる

 2007年7月に「マンションDB」が実施したマンション購入検討者/経験者向けアンケートによると、「マンションを選ぶ際に調べたり検討したこと」という設問項目に対し、約65%が「マンションの周辺環境」と回答している。

 Googleマップのストリートビューは、日本公開以降、使用している映像の内容について物議をかもしていたが、マンションを探している人にとっては最適のサービスといえそうだ。

【関連記事】
MIAUが「Google ストリートビュー“問題”を考える」シンポジウムを27日に開催
Googleマップの「ストリートビュー」で東京散歩
リアルな地図に情報を登録・検索できる「ネットストリート」βサービス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/09/04 15:01 https://markezine.jp/article/detail/5279

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング