SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineメールマーケティング特集

毎年1.5倍成長を続けるケータイ版楽天市場のメール活用術に迫る

 「日本を元気にしたい」というコンセプトのもと、地方にある商店など限られたエリアで営業していた人たちに、インターネットを介した新たな商圏を提供してきた楽天市場。PC向けのインターネットショッピングでは覇者となった楽天が次に狙うのはモバイル市場だ。同社のケータイ版楽天市場の責任者である河野奈保氏に、携帯メールの活用術を伺った。【メールマーケティング特集ページ、絶賛公開中!】

ケータイ版楽天市場のメール活用術

 『世界一のインターネットサービス企業』を目指し、インターネットショッピングモール「楽天市場」をはじめ、ゴルフや旅行、銀行、証券など事業を拡大し続ける楽天グループ。グループの屋台骨を支える楽天市場事業では、早くからメールマーケティングを実践し、ノウハウを蓄積していくことで、着実に業績を伸ばしてきた。PC向けのインターネットショッピングでは覇者となった楽天が次に狙うのはモバイル市場。同社のモバイル戦略を推進する編成部 モバイル推進グループ マネージャーである河野奈保氏に、携帯メールの活用術を聞いた。

楽天 編成部 モバイル推進グループ マネージャー
河野奈保氏
楽天 編成部 モバイル推進グループ マネージャー 河野奈保氏

データ活用で拡大する楽天の会員ビジネス

 メインの事業である楽天市場だけでなく、ゴルフや銀行、証券、旅行などグループの事業を拡大しつづけている楽天。その鍵となっているのが会員制度だ。

 楽天では、創業当初から会員情報をどう一元化していくかを視野にいれていた。はじめは、楽天市場で何を買ったかなどインターネットだけを軸にユーザーの動向を見ていたが、最近では、トラベル事業やクレジットカード事業などのグループ横断で会員の動向を分析し、サービスの向上に活用している。

「グループ全体を横断するこの循環型経済システムを『楽天経済圏』と呼んでいます。特にポイントプログラムは大きく、ユーザーを掴むきっかけになっているので、楽天グループ内でも常にクロスユースを思索しています。また、ツールを利用しながら大量のデータを分析・活用しています」

次のページ
急成長を続けるモバイル事業

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineメールマーケティング特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森 英信(モリ ヒデノブ)

 スマートフォンアプリや雑誌・書籍などの企画制作事業を手がける有限会社アンジーの代表。出版社勤務を経て、1999年より大手出版社の携帯キャリア公式サイトを多数制作。2005年に有限会社アンジーを設立。出版企画およびWeb制作事業を展開。2011年からスマホアプリ開発事業を開始し、2013年に同社がリリースし...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング