SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

マーケティングツール&サービスの大研究

「誰でも使える」の一歩先を行く
高機能 CMS「writeWired」


 WIT編集部によるツール&サービス紹介シリーズの第一弾はCMS。高い拡張性で注目を集めているCMS「writeWired」を紹介しよう。writeWiredの提供元であるSTSD株式会社の代表取締役 鴻田氏とシステム開発グループ綿田氏にその特徴や利用状況について伺った。

 「見てもらうだけのサイトだったら、フリーのCMSでも十分なのだが、問い合わせの受付やコンタクト管理みたいなこともやりたい……。しかし、ゼロベースで開発するのはコスト的にちょっと」こんな話になることが多いのがCMS。今回取材した「writeWired」は、まさにそんなときに検討したいCMSだ。

writeWiredの特徴について教えてください。

 誰でも、かんたんにWebページが作れるというのは、CMSの最低限の機能だと思っています。使いやすい、レイアウトがきれい、といったものだけを求めるならば無料のCMSで十分で、現在のWebサイトにプラスアルファの機能が欲しい、といったお客様にこそ、writeWiredをおすすめしています。

STSD株式会社 代表取締役 鴻田氏
「STSD株式会社 代表取締役 鴻田氏」

 writeWiredは、ワンソースマルチユースの思想のもとに開発しており、最大の特徴は「Webデータベース機能」です。ページではなくデータを管理する、という考え方に基づき、ありとあらゆる情報を定義して、データベースに蓄積し、さまざまな形で流用できるようにしています。たとえば、「名前」入力ページをキャンペーンのたびに作る必要はまったくありません。デザインとなるテンプレートを用意すれば、そこに自動的に情報を流し込み、かんたんにページができあがります。

 また、コンテンツページに入力したテキストをサイトのトップに表示したり、重要なお知らせを全ページに載せたりといった更新もほとんど自動で行うことができます。

 顧客属性やサービス利用状況、メールやフォームからの問い合わせなどもデータベースに集約できますので、それらの情報を一元管理して、社内で共有したり、マーケティングに活用することも可能です。

ECサイトでのwriteWired利用例
ECサイトでのwriteWired利用例

Webページだけでなく、集客用のサテライトサイトなども簡単に作れそうですね。

 複数のサイトをほとんど手間をかけずに立ち上げることができます。定形のコンテンツではあるけれどゼロから作るのは面倒という場合でも、すぐに作成・公開できます。

 データの見せ方を変えて作ったサイトを用意し、検索エンジンからの集客に使うなどの利用法にも人気がありますね。

writeWiredについての詳細な資料はこちらのページよりダウンロードいただけます

次のページ
現在、どのような企業の利用が多いですか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
マーケティングツール&サービスの大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

WIT編集部(ウィットヘンシュウブ)

アクセス解析、CMS、広告効果測定など、ウェブまわりのサービス・ツールを調べまわっています。Webサイト「WIT」もどうぞご覧ください!

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/09/17 12:23 https://markezine.jp/article/detail/11677

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング