SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

LABO

「レジに並ぶ」という考えが昔話になる時代がやってくる
IBMのPOS事業売却から考える「小売業の未来」

 「世界で最も高い販売効率を誇る小売業者」と言われる「Apple Store」のリアル店舗にはキャッシュレジスターがありません。そして今年8月、世界最大シェアを誇るIBMがPOS事業を売却。これからは「レジに並ぶ」ということ自体が昔話になる時代がやってくるのかもしれません。(この記事は、EnterpriseZineからの転載記事です)

POS市場において世界最大シェアを誇るIBMが事業売却

 8月1日、IBMと東芝テックは、IBMのリテール・ストア・ソリューション(RSS)事業を東芝テックへ売却する手続きが完了したことを発表した。この買収により東芝テックは、POS(Point Of Sales system)端末の世界トップシェアのIBMを取り込むことで、世界シェア30%に到達する。

 東芝テックの狙いは国内トップシェアではあったものの、国内市場は停滞期にあり海外進出への足掛かりとしてIBMのシェアが魅力的であったこと、今後のビッグデータ・アナリティクスの時代にPOSから発生するデータが潜在的に重要になるとの判断と、O2Oなどのインターネットクーポンとの連携強化が狙いだという。東芝テックはこの買収によってIBM製のPOSを使用していたウォルマートやコスト、トイザラスといった大手小売り業者への販路を手に入れることになる。

 IBMは2000年以降、ハードウェア製造からサービス、ソフトウェアを主体とするビジネスモデルに移行しており、ハードウェア製造事業の売却を進めている。今回もその一環と見られる。 POS事業の拡大を狙う東芝テックと、サービス業へのシフトを推進するIBMの両社の思惑が一致したと言える。

ハードからサービスへと体質をシフトするIBM

 しかしながら、IBMが事業譲渡した事業領域はその後業界全体として市場が縮小する傾向にある。2003年の日立製作所へのハードディスク事業売却は、その後ストレージ単価の下落によりコスト競争が激しさを増し、2011年に日立製作所はWestern Digital社に事業を売却した。2005年のパソコン事業のLenovo社への売却もLenovo社はその後も好調を維持しているが、パソコン市場全体がスマートデバイスの登場と共にポストPCの時代と呼ばれるようになった。

 ハード事業売却を進める一方で、SSDのような成長が見込める分野の買収も実は行っている。将来の市場縮小や拡大領域を予見したかのようにここ最近のIBMの事業譲渡は上手くいっている。

図:近年の主なIBMの事業譲渡
図:近年の主なIBMの事業譲渡

 創業から100年を超え、常に時代の流れと共に変化してきたIBMが、なぜいまPOS事業を売却したのかを考察してみよう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
POS端末への非接触決済技術の搭載

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
LABO連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

大元 隆志(オオモト タカシ)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 クラウドインテグレーションビジネス推進部 エキスパートエンジニア 国士舘大学 経営学部 非常勤講師 通信事業者のインフラ設計、提案、企画を12年経験。現在はCASBソリューションのセールス開発・プリセールスを担当する一方で、国士舘大学 経営学部にて学生向けに企業におけるクラウド、モバイル利活用について講座を担当する。最新のIT動向や技術動向分析が高く評価され、ヤフーニュース、IT Leaders、ITmediaマーケティング等IT系メディアで多く...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/09/04 14:00 https://markezine.jp/article/detail/16338

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング