SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2012年、スマホからのインターネット利用率倍増~30・40代の利用増加が要因か【ニールセン調査】

 ニールセンは、スマートフォン・メディア利用実態の2012年のトレンドを発表した。

 時系列での推移をみると、パソコンからのインターネット利用は年間を通して横ばいであったが、スマートフォンからの利用は2012年の1月の17%から2013年1月には35%まで増加した。また、2012年の10月には従来型携帯電話からの利用率とスマートフォンからの利用率が逆転した。

 性年代別の利用状況をみると、を2012年と2013年の3月期で比較して、男性では40代で8%の増加、女性では30代で5%、40代で6%の増加であった。2012年では20代の利用割合が大きかったが、2013年にかけて年齢の高い層にも普及している状況がわかった。

 また、OSの利用割合ではAndroidが6割、iOSが4割となり、この状況は年間を通して変化はなかった。

 そして、Androidの利用状況について詳細をみると、一人あたりの利用時間、及び一人あたりの利用頻度ともに月を追うごとに伸長していることが明らかに。また、アプリとブラウザの利用内訳ではアプリの利用がブラウザよりも多い結果となった。

【関連記事】
スマホユーザーの過半数以上が高速回線のつながりやすさに不満か
シニアが使いやすい企業Webサイトとは?スマホサイト1位はホンダ
週1回以上スマホで動画を見るユーザーは約7割【トレンド総研調べ】
20代のスマホ所有率は60%超え【ビデオリサーチ調査】
スマホ移行後に「ゲームアプリで遊ぶ時間が増えた」ユーザーは約7割

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/04/03 13:30 https://markezine.jp/article/detail/17551

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング