SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米ヤフーも検索を暗号化、キーワードだけでなく流入元も不明に

 2013年9月、グーグルは同社の検索サービスに情報のやりとりを暗号化するSSL通信を導入。これによって、どんなキーワードで検索したのかを第三者が知ることはできなくなった。もともとグーグルはユーザーのプライバシー保護に積極的だったが、こうした動きの背景には、2013年6月、米国家安全保障局(NSA)がインターネットを通じて個人情報を収集していたことが発覚したことも影響していると見られている。

 18日に公式ブログで発表された、米ヤフーCEOメリッサ・メイヤー氏のコメントによると、ヤフーは1月8日までにYahoo! MailにHTTPS(暗号化されたHTTP)を導入。2014年の第一四半期末までに、同社のデータセンター間を行き来する情報をすべて暗号化。また、ユーザーがヤフーとの間でやりとりするすべてのデータに暗号化のオプションを提供するとしている。

 ただし、アイレップSEM総合研究所 所長 渡辺隆広氏のブログや「Marketing Land」の記事によると、ヤフーの今回の暗号化は、グーグルと異なり、リファラーを渡さない仕様になっているため、検索キーワードだけでなくユーザーがどのサイトから流入したのかも知ることができない状態となっている。

【関連記事】
Google、すべての検索を暗号化、Not Providedが急増
グーグル、非ログインユーザーの検索も暗号化、検索キーワードの取得は厳しい状況に
Google、Gmailに通信を暗号化するHTTPSを採用
スマホ利用者、20代の個人情報公開率は6割超
CyberZと米41st Parameterが提携、プライバシーに配慮した広告効果測定を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/01/24 14:35 https://markezine.jp/article/detail/19199

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング