SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

これからのマーケティングどうする?「Adobe Digital Marketing Summit 2014」

「重要なのは現状の把握とデータの統合」
Adobeが描くマーケティング分析の再創造と将来とは?

 3月25日~27日の3日間、米国ユタ州ソルトレイクシティで開催されたAdobe Digital Marketing Summit2014では、テーマとして「マーケティングの再創造」が掲げられた。この再創造とは具体的にどのようなものか、Adobe Analyticsのプロダクトマーケティングマネージャー、ネイト・スミス氏に話を聞くことができた。

現場で言うところの再創造とは?

ネイト・スミス氏"
Adobe Analyticsプロダクト
マーケティングマネージャー
ネイト・スミス氏

 MarkeZine編集部(以下編集部):今年のサミットは再創造がテーマですが、現場では具体的にどのようなことが言えますか?

 スミス氏:再創造というテーマで捉える場合、今までのマーケティングの方向と市場をどうとらえるか、視点を新たにする必要があります。

 今まではWebがあって、PCやモバイルがあって、アナリティクスがあると考えてきました。これからはどのようなチャネルであっても、オフラインでもオンラインでも一貫したカスタマービューを持ちチャネルに関わらず統合的に分析をしていくことが重要です。このような環境の中でマーケターはこれまでのマーケティング手法を改め、いわばマーケティングの再創造を行うことを求められています。

 

 編集部:では、現場で再創造を実現するために壁となっているものは何でしょうか?

 スミス氏:壁はいくつかありますが、最初に可視化の問題があります。マーケターは自分が何を知らないかを知らない、つまり自分の立ち位置に関する情報が見えていないのです。これを可視化する必要があります。

 2つ目がデータの統合という問題です。今、いろいろなデータソースからデータが集まっています。他の媒体からデータセットが入ってきても整合性を付けながら、分析対象の規模を拡張してゆくことが大切です。そのためにどうするか壁になっています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
再創造に立ちはだかる壁はどう壊す?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
これからのマーケティングどうする?「Adobe Digital Marketing Summit 2014」連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング