SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

B2Bマーケターが最も信頼する有料広告手法はSEM【B2Bコンテンツマーケティング調査】

 Brightcove、Content Marketing InstituteおよびMarketingProfsは、『B2Bコンテンツマーケティング:2015年のベンチマーク、予算、傾向――北米レポート』を公開した。

 同レポートによると、B2Bマーケターの69%はよりエンゲージメントの高い、高品質なコンテンツを作成することを最優先しており、次いでWebサイトのコンバージョンの向上を重視しているのは63%となった。また、マーケターにとってエンゲージメントの高いコンテンツの作成が最大の課題となっていることも明らかになった。

 そしてB2Bマーケターの86%はコンテンツマーケティングを活用しているが、効果を出せていると感じているのは38%だった。またコンテンツマーケティングの目的としては、ブランド認知(84%)、リード生成(83%)、エンゲージメント(81%)、売り上げ(75%)を挙げた。

 一方で昨年と変わらず、B2Bマーケターは平均して13件のコンテンツマーケティング施策を活用しており、ブログを除くソーシャルメディア(92%)が施策のトップだった。また、マーケターは平均6つのプラットフォームを利用していることもわかった。その他の施策として、eニュースレター(83%)、企業サイト記事(81%)、ブログ(80%)、対面イベント(77%)、ケーススタディ(77%)、動画(76%)が挙がった。

 さらに、B2Bマーケターは平均3件の有料広告手法を使ってコンテンツの配信・促進をしており、80%は少なくとも1件は利用していることも明らかに。また、利用している有料広告手法の中でも検索エンジンマーケティング(SEM:52%)を最も信頼していた。次いで効果を感じているのは宣伝投稿(プロモーションツイートなど:41%)、ソーシャル広告(LinkedIn広告など:38%)、コンテンツディスカバリーツール(Outbrain、Taboola、nRelateなど:36%)となった。そして49%のマーケターが従来のオンラインバナー広告を利用する一方で、効果を感じているのは26%に留まった。

【関連記事】
Innova、コンテンツマーケティング運用に特化したクラウド型ソフト 「Cloud CMO」提供へ
コンテンツマーケティング導入支援のイノーバ、米セールスフォース・ドットコムと資本業務提携
コンテンツヒットのヒントは、全国1,160万人の「ヒットライダー層」にあり【博報堂DYM調べ】
オプトとトライベック、企業オウンドメディア向け動画コンテンツ企画・制作サービス提供へ
フリークアウトとビービーメディア、動画広告クリエイティブ・コンテンツの研究・開発ユニット結成

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング