SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

コンテンツマーケティングの現場

コンテンツマーケティングの役割は“コンテンツによってブランドとカスタマーをつなげる”こと


 2014年6月から7月に行われた世界最大のスポーツイベントであるFIFAワールドカップ。ソニーは、オフィシャルスポンサーとして、グローバルにデジタルマーケティング活動を行いました。その中で、様々なコンテンツを提供することによって、カスタマーとブランドのコネクションを作る活動を実施。どんなコンテンツをどのように提供したのか。そのコンテンツマーケティングの事例を紹介します。

ソニーのFIFAプロジェクトにおけるコンテンツマーケティング

 ワールドカップの盛り上がりから4か月。日本代表は、残念な結果になりましたが、渋谷はカオスだったと聞きました。私自身はラッキーなことに、ワールドカップの期間中はブラジルのリオに滞在したので、渋谷での盛り上がりは後で知ったのですが…。

 なぜ、ワールドカップ期間のブラジルに滞在する機会を得たかというと、FIFAのオフィシャルスポンサーであるソニーにおいて、3年間ワールドカップのプロジェクトにプロジェクトメンバーとして関わることができたためです(業務委託の立場ではありましたが)。グローバルを対象とした大きなプロジェクトであり、様々なデジタルマーケティング施策を行いました。

 ソニーのFIFAプロジェクトにおけるデジタルマーケティングの目的は、一言で言うと「サッカーファンをソニーファンに変える」ということでした。別の言葉で置き換えると、サッカーファンにソニーらしいユーザー体験を提供することによって、ソニーファンになってもらう活動であったと言えます。それを実現するためにOne Stadiumというコンセプトの元、様々なコンテンツを提供しました。

 本コラムでは、5回にわたってソニーがFIFAワールドカッププロジェクトにおいて、どんなコンテンツを提供したのかだけでなく、どういう発想で企画を考えたのか、どのように実現したのか、といった点について紹介していきます。

 本コラムを通じて、みなさまがコンテンツマーケティングを身近に感じるきっかけとなり、最終的に、よしコンテンツマーケティングをやってみよう!もしくは見直してみよう! と思ってもらうことを、この連載のゴールとしたいと思います。

コンテンツマーケティングとは?

 さて、ここまで、説明なしにコンテンツマーケティングという言葉を使いましたが、読者のみなさんはどのように、コンテンツマーケティングという言葉を捉えているでしょうか。私自身は、1年ほど前からコンテンツマーケティングという言葉を聞くようになりました。

 グーグルトレンドで「コンテンツマーケティング」というワードの検索トレンドを見てみると、2012年ぐらいから出現し2014になって急増しているので、私が知ったのは、ちょっと遅かったのかもしれません。

 ただ、正直にいうと、記事を漁っても人の話を聞いたりしても、これまでのSEO対策となにが違うのか、なにが新しいのか、その価値をよく理解できずにいました。同じように感じている読者がいるかもしれませんので、私が理解したコンテンツマーケティングと、その価値を説明したいと思います。

2015年6月19日「できる」マーケターが実践しているプロモーションプランニング講座[BtoC編]開催

こんなお悩みをお持ちの方に必見!「自社サイトへの集客プランニングの考え方と具体的なノウハウを体得したい」「プランニングした内容を、部下や外部パートナーなどに的確にディレクションするための知識を学びたい」「2015年度のプロモーションプランをこれから立てたい」など・・・

本講座では集客を計画的にプランニングするための手法をワークショップ形式で体験できます。本連載の著者でもある村上知紀氏が、発注者側の視点で、その経験から得たノウハウを惜しみなくお教えします。

★☆★「プロモーションプランニング講座[BtoC編]」の詳細・お申し込みはこちら★☆★

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
インバウンドマーケティングの文脈で語られやすい

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
コンテンツマーケティングの現場連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/05/20 17:25 https://markezine.jp/article/detail/21386

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング