SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

音楽売上とソーシャルデータ分析を体験できる「NextBig Sound Labs」ローンチ

 2009年設立のNextBig Soundは、何十万ものアーティストのソーシャルデータを収集し、85%以上もの楽曲のセールスとストリーミングと関連付けして、BillboardやSpotifyなどのクライアントにデータを提供している。2014年の第1~第3四半期の間に、同社は2600億以上の楽曲再生とその他の指標などから膨大な量の行動をトラッキングしているという。NextBig Soundは25日、「NextBig Sound Labs」をローンチ。音楽業界のデータを使った新たな分析の試みを実際に体験することができる。

 現在、公開されている5つの試みのうち「Sound Predictions」では、楽曲の音声の特徴がどのように売上に影響するかを分析。これはiTunesの売上データとThe Echo Nestから得たオーディオデータを比較分析し、トップセールスの楽曲とどのくらい似ているかをパーセンテージで示すというもの。

 また、「Lift Calculator」は、あるアーティストが30日間のうちにソーシャルで得られる「いいね」やリツイートなどの反応を広告料金に換算するといくらになるか、逆に1つのリツイートが何ドルに該当するかを計算する。訪れた人は、好きなアーティストや楽曲を入力して、実際に分析を行うことが可能となっている。

【関連記事】
YouTubeが音楽プラットフォームに変貌、新アプリと広告なしの有料サービスをリリース
Spotifyが2つの動画広告をローンチ、モバイルでCMを見ると30分間広告なしで音楽が聴ける
サイバーエージェント、エイベックスと共同で定額制音楽ストリーミングサービス運営会社設立へ
マンガに音楽……コンテンツデリバリーの主役はLINEにシフトしている
聴いてる音楽をスマホで判定、すぐにシェアできるFacebookの新機能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/26 14:00 https://markezine.jp/article/detail/21462

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング