SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Amazon、家事代行からヤギの放牧まで頼める「Amazon Home Services」をローンチ

 Amazonが提供を開始した「Amazon Home Services」は、700以上のサービスを利用することができる。たとえば、掃除や機器の修理、テレビの壁への取り付け、PCのウイルス除去、iPhoneの修理、音楽やヨガのレッスン、クルマのバッテリーの取り付け、変わったところではヤギの放牧など。利用者はAmazon.comの画面でサービスを選びカートに追加するだけ。サービス対象地域はニューヨーク市、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルを含む米国内の主要な都市。

 Amazon Home Servicesでサービスを提供する業者は招待制。犯罪歴などをチェックされ、必要なライセンスや保険に加入していることが求められる。サービスを購入した日に同じサービスや業者で安い料金を見つけた場合、30日以内にAmazonに通知すると、確認のうえ料金が安いほうのサービスにマッチングする。すでに作業が終わっている場合、Amazonはギフトカードをeメールで送るとしている。購入されたすべてのサービスは「Amazon Happiness Guarantee」によって保証され、サービスを受けたけれど満足できなかった場合はやり直しや料金の払い戻しを請求できる。

【関連記事】
Amazon、アプリで注文すると1時間で配達する「Prime Now」をマンハッタンでサービス開始
Amazonと沖縄県が協力、県内ほぼすべての蔵の泡盛が一堂に
「au WALLET カード」の申込数が1000万件突破、10代はAmazonやiTunesで利用
ママの約9割「スマホは家事や育児に役立つアイテム」【家事や育児におけるスマホ活用の実態調査】
宅配ネットクリーニング「リネット」、ヤフオク!落札者向けサービス提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/03/31 12:11 https://markezine.jp/article/detail/22254

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング