SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

無料動画アプリでシェアしたことがあるサービス、「LINE」が6割超で最多に【MMD研究所調査】

 MMDLaboが運営するMMD研究所とコロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」は、スマートフォンを所有する15歳以上の男女1,841人を対象に共同調査を行い、「無料動画アプリに関する利用実態調査」を公開した。

 今までに利用したことがある無料動画アプリに関しては、「YouTube」が最多で88.3%、次いで「niconico」が40.2%であった。属性別でみると、学生は「niconico」が55.2%と他の属性に比べると高い回答率であることがわかった。

 無料動画アプリを視聴するきっかけについては、全体の21.9%が「動画サイトのオススメから」となった。また属性別でみると会社員は「スマートフォンアプリから」が14.9%、続いて専業主婦は「友人・知人などの紹介から」19.5%と最も多く、学生では「Twitterから」が21.0%と属性別で異なる結果であった。

 そして、無料動画アプリ視聴で29.8%の人がシェア機能を利用したことあると回答し、利用したサービスに関しては「LINE」が64.0%と最も多く、次いで「Twitter」が48.8%、「Facebook」が26.5%となった。

 中でも学生の42.4%がシェア機能を使ったことがあると回答し、62.7%が「Twitter」を利用してシェアしていると回答した。前問では、「Twitter」がきっかけで動画を視聴すると回答している学生が21.0%となったことから、学生のTwitterの利用が多い傾向にあった。

 またYouTubeに流れている動画広告については、「毎回全部見る」が1.5%、「たまにスキップする」が19.6%と合わせて21.1%の人が動画広告の視聴経験があることがわかった。

【調査概要】
「無料動画アプリに関する利用実態調査」
調査期間:2015年6月19日~6月20日
有効回答:1,841人
調査方法:インターネット調査
調査対象:スマートフォンを所有する15歳以上の会社員、専業主婦(主夫)、学生

【関連記事】
Facebook、新たな動画広告の購入方法「コスト・パー・ビュー購入」を発表
3大動画サービス「YouTube」「ニコ動」「GYAO!」の利用動向の違いは?【ニールセン調査】
YouTube、2014年の動画広告トップ10を発表、合計10億分以上見られた人気動画が勢ぞろい
ニコ動のプレロール型動画広告がRTB買付可能に/DSP「FreakOut」と「Adap.tv」接続
Twitter、タイムライン上の動画が自動再生に~課金モデルにはビューアビリティを採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/07/03 19:06 https://markezine.jp/article/detail/22710

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング