SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

モバイル活用の最新情報をお届け!D2C出張版

2015年のスマートフォン広告の市場規模は?「インターネット広告市場規模推計調査」から読み取ってみた

 電通が毎年公開している「日本の広告費」。その内、インターネット広告媒体費をデバイス別に詳細に把握するために「インターネット広告市場規模推計調査」を行いました。今回は、その結果を解説します。本記事は、マーケティングにおけるモバイル・タブレット活用情報をお伝えする「D2Cスマイル出張版」です。

「日本の広告費」をさらに詳細に把握しよう

 今回は、「インターネット広告市場規模推計調査」についてご紹介します(プレスリリースも公開しています。詳しくはこちらを御覧ください)D2Cではこれまでも定期的に「スマートフォン広告市場規模推計」を実施してきましたが、今回はPC広告も含めたインターネット広告全体を対象としています。

 インターネット広告の市場規模推計としては、毎年2月に発表される電通「日本の広告費」において、「インターネット広告費」、「インターネット広告媒体費」、「インターネット広告制作費」、「運用型広告費」の数字が公表されています。しかしながら2012年以降デバイス別の数字は公表されていません。

 電通「日本の広告費」におけるインターネット広告媒体費を、独自に実施した調査の数字を元に分解し、より詳細に把握しようというのが今回の試みです。調査・推計はサイバー・コミュニケーションズ社の協力のもと、媒体社へヒアリング調査をした結果が主なデータソースとなっています。

2015年のスマートフォン広告市場規模は4,979億円

 2015年のスマートフォン広告市場規模は4,979億円と推計されました。前年比144%と引き続き高い成長を続けており、ついにインターネット広告媒体費(9,194億円)の過半(54%)を占める結果となりました。

デバイス別広告市場規模の推移(クリックで拡大)
デバイス別広告市場規模の推移(クリックで拡大)

 では、スマートフォン広告市場のポジションは今どこにあるのでしょうか?他の広告(マスコミ4媒体)と比較することで確認したいと思います。

 下図は、電通「2015年日本の広告費」におけるマスコミ4媒体の広告費と今回独自に推計したスマートフォン広告、PC広告の市場規模とを並べたものです。

媒体別広告費(2015年:クリックで拡大)
媒体別広告費(2015年:クリックで拡大)

 スマートフォン広告の市場規模は、最も大きい地上波テレビ広告の3割弱。新聞広告にはわずかに及びませんが、雑誌広告に対しては2倍、ラジオ広告の4倍弱といった規模感と捉えられます。

 では、成長性はどうでしょうか? 同様に前年比についても比較しました。

媒体別広告費の前年比(2015年:クリックで拡大)
媒体別広告費の前年比(2015年:クリックで拡大)

 マスコミ4媒体は、前年比102%の衛星メディア関連広告費以外は前年より微減しています。一方でスマートフォン広告費の成長率は前年比144%と、突出していることがわかります。反対にPC広告費は他の媒体よりも大きく縮小しているため、次の2点を改めて確認できました。

  • PC広告からスマートフォン広告へ広告費がシフトしている
  • スマートフォン広告の伸びがインターネット広告全体の伸びをけん引している

この連載は?
本連載はマーケティングにおけるデジタル活用情報を伝えるウェブメディア、「D2Cスマイル」の記事を、MarkeZine向けに再編集した出張版です。出典元はこちらです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
グローバル視点でのスマートフォン広告市場

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
モバイル活用の最新情報をお届け!D2C出張版連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

D2Cスマイル編集部(ディーツーシー スマイル ヘンシュウブ)

 株式会社D2Cが運営する、デジタルマーケティングの総合オピニオンサイトです。D2Cの多岐に渡る事業担当者の知見を元に情報発信を行っています。D2Cスマイルはこちら

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/20 10:00 https://markezine.jp/article/detail/24617

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング