SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

【特集:LINE活用】パートナー企業が語るビジネスへの影響と進化(PR)

「最高のサービスを常に追求」サイバーエージェントが考えるLINE広告への取り組み

なぜ強い? サイバーエージェントが成果を出せる理由

――ダイアモンドを受賞された背景には、御社ならではの強みがあると考えます。自社の強みについて、どのようにお考えでしょうか。

株式会社サイバーエージェント インターネット広告事業本部 LAP局 マネージャー 栗岩洋平氏
株式会社サイバーエージェント インターネット広告事業本部 LAP局 マネージャー 栗岩洋平氏

栗岩:プロダクトの特性を分析してルールを決め、コンサルタントがそれをベースに最適な運用を実行できていることでしょうか。LAPにおける最適なクリエイティブの運用方法や入札などを、定量データに基づいてルール作りをし、それを実行できている点は弊社ならではの強みだと考えています。

 またこれは運用広告全般に言えることですが、クリエイティブは非常に重要な要素です。そういった中で効果を出すために必要な、量と質の高いクリエイティブをアウトプットし続けられる体制があることにも自信を持っています。

菊原:インターネット広告において主流となってきている運用型広告に関しては、我々が強みとする分野のひとつです。弊社では、これまでの様々なメディア、プラットフォームとお取組みさせていただいておりましたので、そこでの多くの経験を活かせたことが、LAPリリースの初期の段階から素早く運用に対応できたポイントであったと思っております。

LAP活用でWeb経由の売り上げが大幅に伸長

――LAPの活用からクライアントが得られる最大のメリットはなんでしょうか。

栗岩:LAPでは、非常に多くのユーザーアクションを得ることができます。Webプロモーションを考える際は、欠かせないプラットフォームとなってきていると思います。LAPを実施したことでWeb経由の売り上げが大幅に伸長したり、商品の在庫が想定を大きく上回るスピードで売り切れてしまったりというようなお声もいただきます

 そういった中でお客様がLAPに抱く期待感も比例して大きくなっていると感じています。それに応えるために、我々も常に最高のサービスを提供し続けられるよう向き合っていきたいですね。

――LAPを活用する企業に、業種や業態などで特徴や傾向はありますか?

菊原:これまで400以上のアカウントの運用をお手伝いさせていただいておりますが、現状では通販・アプリ・金融・美容・人材といったサービスの出稿が多いです。

 また他メディアと比較するとブランディングを目的としたお客様の出稿はまだ少ないですが、確実に増加傾向にあり、大きな可能性を感じています。弊社でもナショナルクライアント様とのお取組みを強化していく組織体制を組んでおりますので、お客様の課題を解決するための新しいソリューションのひとつとしてLAPをさらに活用していきたいと考えています。

 LAPでもリーチ&フリークエンシーやファーストビューなどといった、ブランディングを目的とした配信手法を活用する取り組みも強化していくとのことでしたので、今後はダイレクトレスポンス・ブランディングの両側面で、より連携を強めていきたいと思っています。

次のページ
LINEでWebマーケティング全体を設計できる時代に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
【特集:LINE活用】パートナー企業が語るビジネスへの影響と進化連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

畑中 杏樹(ハタナカ アズキ)

フリーランスライター。広告・マーケティング系出版社の雑誌編集を経てフリーランスに。デジタルマーケティング、広告宣伝、SP分野を中心にWebや雑誌で執筆中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング