SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

【出張版】Web行動心理学研究所

Web広告×心理学で勝ちバナーを圧倒 CV数倍を実現したShop Japanのクリエイティブ改善例

Shop Japanで実施した、ユング心理学を使ったクリエイティブ改善

 一般的なクリエイティブ改善は、ABテストを繰り返し勝ちバナーを決め、それの横展開でコンバージョン数などの効果を改善します。この手法は、勝ちパターンもしくはそれに近いクリエイティブが刺さるターゲットを掘り下げることができるため、一定期間は高い効果を得ることが可能になります。

 ただ、勝ちバナーが効くターゲットがどんどん増え続けるということはほとんどありません。結果、次第にコンバージョン数などが落ちていきます。また、勝ちバナーが効かないターゲットも多く存在することも忘れてはいけません。

 今回、Shop Japanで実施したユング心理学を使ったクリエイティブ改善は、人が必ずどれかに当てはまる心理タイプごとに最適なクリエイティブを配信しますので、理論上「クリエイティブが刺さらない」は起きません。

※効果が良くないクリエイティブが出てきた例はあります。
※心理タイプが均等に分かれているということはほぼありません。商材によって異なります。

検証結果からの傾向

  • 投資金融商品:思考タイプが多め
  • 美容:感情タイプが多め
  • ファッションEC:均等に近い

Shop Japanで実施した施策の概要

 「ユング心理学 4つの心理タイプ」の分類に沿ったデザインの4タイプのバナーと従来の勝ちバナーを同時に配信し、勝ちバナーとの効果差を参考にPDCAを行う。

  • 対象商材:トゥルースリーパー(低反発マットレス)
  • 評価基準(コンバージョン数):従来の勝ちバナーよりも少ない、同等 → 停止&差し替え/従来の勝ちバナーよりも多い → 継続&横展開

     

配信結果

 2017年中に約3か月間、ユング心理学を使ったクリエイティブ改善施策を行った結果、実施前の月と比べると最終的にはコンバージョン数が2倍となりました。それに加えて費用対効果(CPA)も下がり基調となり高い効果が得られました。

担当者の声

オークローンマーケティング Eコマースディビジョン デジタルメディアセクション 高栁氏、大西氏
オークローンマーケティング Eコマースディビジョン
デジタルメディアセクション 高栁氏(写真左)、大西氏(写真右)

「長期間配信していた勝ちバナーの結果が良かったので、勝ちバナーを超えるのは難しいと思っていましたが、ここまでの結果がでるのは驚きました。バナーが掲載されるディスプレイ広告だけではなく、バナーとテキストがセットになっているSNS系の枠やインフィード系の枠でも結果がでていましたので、心理学をWeb広告で活用するというのはクリエイティブ改善に有効だと思います」

次のページ
Shop Japanで結果が出た理由?/どんな商材でも良い結果がでるのか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
【出張版】Web行動心理学研究所連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

諸永 憲人(モロナガ カズヒト)

株式会社インフォデックス Webクリエイティブ チーフディレクター/Web行動心理学研究所 研究員2006年バイク王入社。プロモーション部門にてWebマーケティングを中心に、企画や制作ディレクションや数値分析などを担当。独自のアトリビューション分析法の確立などで活躍。その後、株式会社インフォデックス...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/03/30 10:00 https://markezine.jp/article/detail/28049

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング