MarkeZine(マーケジン)

記事種別

前向きに影響し合える出会いが好き 「人を愛する力」が育むキャリア

2018/12/25 14:15

 広告・マーケティング業界で活躍する人物の職業人生、キャリアを伝える本連載。今回は、ジャパンベンチャーリサーチの上野瑠衣氏を紹介する。インターンを経て親会社のユーザベースへ入社。若手の視点を生かした発信力と行動力で活躍する同氏は、グループ期待の存在だ。強みは「人を好きなこと」という上野氏に、キャリア選択を大きく変えた出来事や人との出会いについて聞いた。

※本記事は、2018年12月25日刊行の定期誌『MarkeZine』36号に掲載したものです。

価値観が大きく変わった海外留学

株式会社ジャパンベンチャーリサーチ セールスマーケティングチーム 上野瑠衣(RuiUeno)氏
東京都出身。日本女子大学在学中に、インターンとしてユーザベースに入社。企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」のインサイドセールスを担当し、2017年に同社へ新卒入社。翌年、子会社のジャパンベンチャーリサーチへ出向し、現職。社内の若手メンバーたちと、新卒採用プロジェクトを立ち上げるなど、幅広く活躍中。

――大学時代に、今の仕事へつながるターニングポイントがあったそうですね。

 大学3年生のときの海外留学ですね。英語で授業を受けたり、初めて一人暮らしをしたりと、環境が大きく変わることで想像以上に見える世界が広がりました。特に印象的だったのが、マーケティングの授業で取り組んだビジュアル・マーチャンダイズ・ディスプレイです。これは、色や線が与える印象、人の目の動きなどを理解し、店舗をメディアとして考え、ブランドの世界観やメッセージをビジュアルで表現する手法です。授業では、ダウンタウンのショップを訪ね、交渉や顧客層などのヒアリングを行い、ディスプレイを提案するという実習があり、私はウエディングドレスをデザインしてショウウィンドウを作りました。現地の学生も私の作品をほめてくれて、自分も様々な環境で挑戦できるという気づきを得ました。

 私は保守的な家庭で育ち、幼稚園から高校まで一貫教育の女子校に通っていました。大学も女子大に進みました。就職先も、いわば「お婿さん探しの場」と考えていたほどです。しかし、留学先で出会った先輩から「いろいろな世界を見るためにも、ベンチャーでインターンをしてみてはどうか」とアドバイスをいただいて。こういった出来事が重なり、ベンチャー企業に興味を持つようになりました。

 2社目のインターン先が、ユーザベースでした。企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」のマーケティングチームの立ち上げ期に携わり、主にインサイドセールスを担当しました。SPEEDAは、企業や業界情報を検索しやすくするプラットフォームで、法人のお客様が対象です。まずは電話をかけてアポを取り、営業へつなぐところから始め、フィードバックを元にリードの選定基準、ナーチャリングの方法などを一から作り上げていきました。


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5