SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

年間15万円でビジネスアニメが作り放題!パワポのスキルがあれば動画を作れるツール「VYOND」とは

パワーポイントのスキルがあれば制作可能

――そうはいっても、アニメ制作をマーケター自身で行うのは難しいのではないでしょうか。

川﨑:「VYOND」の場合、パワーポイントで企画書をつくれるスキルがあればほとんどの人が自分で動画を制作できるはずです。

 数百種類のキャラクターや背景画像がクラウドサーバーにあり、伝えたいストーリーやシチュエーションに合わせてキャラクターなどを選ぶだけで動画を制作できます。飲食、金融、医療、流通といった業種やシチュエーションに応じたテンプレート動画も豊富に用意しているので、ゼロからアニメを制作することも高度なソフトを使いこなす技術も必要ありません。キャラクターやシチュエーションを選択して組み合わせるだけでアニメが完成します。

 日本語での制作マニュアルも提供していますし、当社のサポートによって問題なく使いこなせる企業がほとんどです。

「VYOND」の操作イメージ
「VYOND」の操作イメージ

――それは心強いですね。では、はじめて「VYOND」を使ってアニメ動画を制作する時のポイントを教えてください。

川﨑:どの企業も、これまで営業活動で使ってきた商品説明資料や営業マニュアルをお持ちだと思います。こうした資料は、マーケットの現状や顧客の抱える課題、その解決方法をストーリー仕立てで構成されていることがほとんどです。こうした既存の資料やマニュアルの内容に沿って動画を制作することで、「かゆいところに手が届く」内容になっていくでしょう。動画だからと、新しくシナリオを考える必要はありません

――最後に、改めて「VYOND」の強みと役立て方についてお聞かせください。

川﨑:「VYOND」は、コストパフォーマンスの高いコンテンツを手軽に制作することができるインパクトの大きいソリューションなので、ぜひ多くの企業に使っていただきたいと思っています。大変な状況にある企業が多い今こそ、ビジネスアニメを新たな武器にしていただき、利益をもたらす手助けをできたら嬉しいです。

 外出ができない現状への対応に留まらず、動画コンテンツは中長期的な資産にもなります。近年ではスマホネイティブな世代が現役の社会人になり始め、ビジネスパーソンの日常生活にも動画視聴が当たり前のように入りこむようになりました。5Gの普及で、動画の視聴はさらに浸透していくでしょう。すべての世代の方にわかりやすく、響くコミュニケーションを行うために、「VYOND」を役立てていただければと思います。

――本日はありがとうございました。

VYONDの詳しい資料はこちら。14日間無料体験版も申し込み受付中!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

石川 香苗子(イシカワ カナコ)

ライター。リクルートHRマーケティングで営業を経験したのちライターへ。IT、マーケティング、テレビなどが得意領域。詳細はこちらから(これまでの仕事をまとめてあります)。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/05/20 10:00 https://markezine.jp/article/detail/33267

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング