SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GMOプレイアド、動画検証ツール「PlayAds byGMO」と「YouTube API」を連携

 GMOプレイアドは、同社が提供する動画検証ツール「PlayAds byGMO(以下、PlayAds)」において、Googleが提供する「YouTube API」のうち「YouTube Data API」と「YouTube Analytics API」との連携を開始した。

 PlayAdsは、GMOリサーチが提供するリサーチパネル「JAPAN Cloud Panel」や、自由にパネルユーザーを登録できる「オリジナルパネル機能」を用いて、動画に関するモニター調査をセグメント別(年齢層や居住地、性別など)に実施。「動画クリエイティブの評価」に関するデータを取得することができる。

 今回の連携では、PlayAdsがもつ動画広告の感情取得技術を利用した分析に加え、YouTube上での動画閲覧者の行動データを掛け合わせた分析を実現。これにより、公開している動画広告や、過去に利用した動画広告に対する多角的な分析を通じて効果検証が可能に。より精度の高いPDCAサイクルの確立に役立てることができる。

分析イメージ(タップで拡大)
分析イメージ(タップで拡大)

 なお、同連携による機能の利用には別途費用は不要だが、YouTubeチャンネルを登録しているメールアドレスとの連携が必要になる。

【関連記事】
fluct、スマホアプリ向け動画リワード広告においてLINE広告ネットワークと連携
「Kaizen Ad」がオンラインでの利用登録を可能に 事例動画の活用でより直感的な発注の実現へ
ポップインサイト、ユーザー体験を動画で閲覧できる「UXバンク」のβ版を提供開始
シャノンとJストリームがサービス連携開始 事前収録による「疑似ライブ」や動画視聴データの取得を可能に
CMerTV、リレイドを子会社化 全デバイスのネットワーク化・動画広告配信事業の拡大へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/01/21 18:48 https://markezine.jp/article/detail/33736

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング