MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Gunosyと博報堂DYメディアパートナーズ、CMの獲得成果を最適化するプラットフォームを提供

2020/07/02 17:35

 Gunosyは、博報堂DYメディアパートナーズと、テレビCMによる獲得成果最適化を実現するSaaSプラットフォーム「Guhack(グーハック)」の提供を開始した。両社は、2019年12月から広告市場のDX事業における協業プロジェクトを推進しており、今回の取り組みはその第1弾となる。

ワンストップサービス全体概要図(タップで拡大)
ワンストップサービス全体概要図(タップで拡大)

 同プラットフォームは、制作、調査、プランニング、バイイングまでをワンストップで提供。また、放送枠ごとのアプリダウンロードやサイト流入など、獲得成果をリアルタイムで可視化し、テレビCM効果を分析することで成果の最適化を可能にするダッシュボード「Guhack Analytics」を活用し、広告効果の向上を図る。

 Guhack Analyticsは、可視化・分析を行うツールとして利用が可能。また、博報堂DYメディアパートナーズの広告枠からの様々なテレビCM枠のバイイング、テレビCM素材進行体制によるサポートと、Gunosyのグロースハックのアルゴリズムを掛け合わせることで、獲得成果の最大化を実現する。さらに、運用担当者の複雑な分析作業を削減できることに加え、広告プロモーションに関わるメンバーや意思決定者が同じダッシュボード上での情報共有が可能。これにより、データに基づいたスピード感のある意思決定やアクション実行へとつなげ、目標の達成に貢献する。

Guhack Analytics ダッシュボード画面例(タップで拡大)
Guhack Analytics ダッシュボード画面例(タップで拡大)

【関連記事】
博報堂DYメディアパートナーズとGunosy、広告市場のDXに向け協業 広告枠の潜在価値を可視化へ
Gunosy、アプリ向け動画プラットフォーム「Vingo Ads」を提供 成果報酬課金で配信可能
サニーサイドアップとGunosyが新会社「Grill」を設立 リサーチ事業などを提供
Gunosy、フラーの「App Ape」を導入 スマホユーザーの分析にライフログデータを活用へ
D2C RとD2C、Gunosyとアドネットワークを販売開始 NTTドコモが提供するデータを活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5