SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』

表面的な「ダークストア」 失敗の本質と勝ち筋

 米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたデジタルインテリジェンス発行の『DI. MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今回は店舗小売業でのトレンドである「ダークストア」の本質について考えたい。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2020年8月25日刊行の定期誌『MarkeZine』56号に掲載したものです。

店舗・オフィス・工場を負債と考えてみる

 2020年6月19日、オリンピック・パラリンピック需要を期待していたはずのユニクロの旗艦店「UNIQLO TOKYO」が有楽町一等地にオープンしてしまった。同店舗には、最新トレンドを提案する全商品が存在し、それにRFIDタグの設置やレジの自動精算とオンライン連動など、超最新店頭テクノロジーが詰まった待ち受け店舗は、人々の視線を集める、いわばインプレッション特需期に向けた肝煎り施策として準備されていたのだろう。

 どれだけ顧客に便利な技術を集めても、発想そのものが旧来型の「店舗に顧客を向かわせる」ことに向いている。この状態を、江戸時代における地方大名を弱らせる「参勤交代」とたとえてみた。店舗を設置するというのは、来店者の大名行列を期待する「道楽」か、過去を維持する負債かと思うほうが良い。

 外出自粛の動きにともない、「実店舗」の価値が急速に変容しているのは明らかな状況で、急きょ既存の店舗小売業で流行っているのが「ダークストア」化だ。実店舗の対語だが、このコトバも単なるトレンドと思うと落とし穴がある。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
「ダークストア」の失敗の本質

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

榮枝 洋文(サカエダ ヒロフミ)

株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)/ニューヨークオフィス代表 英WPPグループ傘下にて日本の広告会社の中国・香港、そして米国法人CFO兼副社長の後、株式会社デジタルインテリジェンス取締役を経て現職。海外経営マネジメントをベースにしたコンサルテーションを行う。日本広告業協会(JAAA)会報誌コラムニスト。著書に『広告ビジネス次の10年』(翔泳社)。ニューヨーク最新動向を解説する『MAD MAN Report』を発刊。米国コロンビア大学経営大学院(MBA)修了。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/25 13:32 https://markezine.jp/article/detail/34104

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング