SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

新型コロナ感染拡大後のBtoBマーケ、効果が上がった施策はウェビナー【ネオマーケティング調査】

 ネオマーケティングと営業リスト生成ツール「Urizo」を提供するセールスサポートは、「新型コロナウイルス感染拡大前後のBtoB企業のマーケティング活動」をテーマにした調査を実施。結果を公開した。

新型コロナ「影響を受けた」8割、うち約6割が向かい風

 新型コロナウイルス流行の影響を受けたかどうか尋ねたところ、影響を受けた企業が8割以上となった。具体的にどのような影響を受けているかについては、マイナスの影響を受けた企業が約6割の結果となった。

新型コロナウイルス感染拡大による、BtoB企業への影響
新型コロナウイルス感染拡大による、BtoB企業への影響

マイナス影響は既存顧客との取引に顕著

 マイナスの影響の内容を詳しく聞いたところ、顧客との取引、特に既存顧客との取引にマイナスの影響が大きく出ており、取引額と取引数共に減少したという回答が目立った。

新型コロナウイルス感染拡大によって、BtoB企業が受けたマイナスの影響
新型コロナウイルス感染拡大によって、BtoB企業が受けたマイナスの影響

商談獲得や案件の減少に課題

 コロナ禍におけるマーケティング活動において課題を尋ねたところ、商談獲得や案件の減少に課題に感じているケースが多い。既存顧客からの引き合い減少、新規顧客との接点減少、営業活動・マーケティング活動のオンライン化など、様々な要因が考えられる。

コロナ禍における、マーケティング販促活動の課題
コロナ禍における、マーケティング販促活動の課題

「新規顧客獲得が最も重要」約7割も、新規リード獲得に課題感

 コロナ禍において、新規顧客獲得の重要性が高く認識されていることがわかった。既存顧客との取引減少を課題として抱える企業が多い中、新規顧客獲得の重要性が増していると考えられる。

コロナ禍で売上を上げるために最も重要なこと
コロナ禍で売上を上げるために最も重要なこと

 新規顧客獲得に重要性を感じる一方で、新型コロナウイルス感染拡大前と比べて、新規リードの獲得に課題を感じている回答が6割以上という結果となった。新型コロナウイルス感染拡大以降、新規リード獲得に苦慮している企業も多く、リード獲得から商談創出・案件創出までの段階設定と施策が必要だと言えそうだ。

新型コロナウイルス感染拡大後の新規リード獲得の課題感
新型コロナウイルス感染拡大後の新規リード獲得の課題感

オンラインセミナーやDM「効果が上がった」

 新型コロナウイルス感染拡大後に効果が上がった施策について尋ねたところ、オンラインセミナー(ウェビナー)やオンライン広告といったオンラインでの施策に効果を実感しているケースが多かった。一方でオフラインのダイレクトメール(FAX)は、約6割が「効果が上がった」と回答している(新型コロナウイルス感染拡大の前後でその施策に取り組み、効果が上がったと回答した人の割合を集計)。

新型コロナウイルス感染拡大後、効果が上がった施策
新型コロナウイルス感染拡大後、効果が上がった施策

費用対効果で満足している施策の鍵は「コンテンツ」

 コストパフォーマンスの点では、コンテンツマーケティングやオウンドメディアといったコンテンツをストックとして活用できる施策が評価されていることがわかった。コンテンツが蓄積されることで継続的な効果が期待でき、長期で費用対効果を見ることができる分、効果を感じている場合が多いと考えられる。

新型コロナウイルス感染拡大後、 費用対効果で満足している施策
新型コロナウイルス感染拡大後、 費用対効果で満足している施策

【調査概要】
方法:ネオマーケティング運営のアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート
対象:アイリサーチ登録モニターのうち、BtoB事業を行う企業の販促マーケティング施策・予算策定に関与する人
有効回答数:1,000名
実施日:2021年1月27日(水)~2021年1月29日(金)

【関連記事】
2020年の公式な情報の更新数、前年比75%増/Yextがコロナ禍の企業のオンライン情報発信を調査
マーケティングはどう変わり、企業は生き残るために何をすべきなのか?『アフターコロナのマーケティング』
『マーケティング最新動向調査 2021』発刊、コロナ禍で加速するデジタルシフトと投資意欲
マクロミル、各種広告媒体で活用できる「コロナセグメント ターゲティング」を提供開始
コロナ禍により増えた自由時間の使い方、「テレビ視聴」と「動画視聴」が拮抗/Mediabrands調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/04 17:00 https://markezine.jp/article/detail/35672

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング